「高層マンションってどうなの?」 金利上昇時の超高層マンション(タワーマンション)には要注意?
住むネット

マンション

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

タワーマンションは、高級?
金利上昇時のタワーマンションには要注意?
高層マンションでおこる所得格差の問題?
高層マンションの眺望は確か?
高層マンションのエレベーターは大丈夫?
超高層マンションの低層階は損?
高層マンションの修繕は大丈夫?
超高層マンションってどうなの?
金利上昇時の超高層マンションには要注意?

(7) 金利上昇時の超高層マンション(タワーマンション)には要注意?


超高層マンションを買うときに生じる大きなリスク、それは何も物件そのものに関することだけとは限らない。

  住宅ローンの金利上昇のリスク

これは、今のような金利上昇期においては本当に大きなリスクとなります。

マンションというのは、工事を始めてから完成するまでが長い。特に、超高層マンションともなると完成まで2年!なんてこともよくある。

そして、新築マンションは青田売りが当たり前。つまり、建築中に契約し、完成までひたすら待たねばなりません。

その間(完成まで)に、金利が上昇してしまう・・・、というリスクがあるのです。

例えば、マンションの売買契約を結んだときの条件が以下の通りだったとします。

 借入額  3,000万円
 期間   30年間
 タイプ  全期間固定金利、ボーナス返済なし
 金利   3.0%

この場合の毎月返済額は、

 126,481円 です。 総返済額は、45,533,236円。

これが、マンションの完成する2年後に、金利4.0パーセントに上昇しますと、

 143,225円 です。総返済額は、51,560,852円です。

19,744円も毎月の返済額が上がってしまいます。ちなみに、総返済額は約600万円もアップします。

いや、これが4.5%になっていたら、

 毎月返済額が、152,006円、総返済額は、 54,722,013円

となってしまい、当初の予定からは、25,525円も毎月返済額が上がり、総返済額は900万円以上もアップするのです。

これでは、当初に立てていた返済計画が入居する前から無茶苦茶ですね。上昇後の金利に対応できるのであればいいのですが、ギリギリの予算で購入する人も多く(これ自体問題なのですが)、そういった方は入居してすぐに生活苦になることだってありえます。

最近では、ディベロッパーは固定金利で資金調達するなどして金利上昇リスクを回避していますが、購入者は完成するまで金利を確定させることができず、リスク回避が出来ない状態なのです。

こういったリスクがあることもわかった上で、購入判断しなければいけません。


≪ 超高層マンションと所得格差 超高層マンションってどうなの?
のTOPへ
超高層マンションって高級?





ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。