「マンション購入の攻略読本」 マンション全体を攻めろ! その1
住むネット

マンション

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

パンフレットやモデルルームがあなたの人生を狂わせる!?
パンフレットやモデルルームがあなたの人生を狂わせる? 2
マンション全体を攻めろ! その1
マンション全体を攻めろ! その2
マンションの住戸そのもののプランを攻略せよ! その1
マンションの住戸そのもののプランを攻略せよ! その2
マンションの性能を攻め落とせ! その1
マンションの性能を攻め落とせ! その2
平面だけの間取り図で失敗するな! その1
平面だけの間取り図で失敗するな! その2
平面だけの間取り図で失敗するな! その3
マンションの共用部分を見逃すな
マンションの資産価値だって攻略できるんだ!
マンション全体を攻めろ! その1

(3) マンション全体を攻めろ! その1


プロがマンションを見るときは、必ず、敷地の利用計画、建物の配置計画などを見ます。そのマンションがどんなマンションなのか?と概要を掴む第1歩ですから。

そんな全体のチェック内容の中で、まず、よく勘違いされているテーマでもある、耐震性について話しましょう。

この耐震性、素人が図面をチェックして、正確に知るのははっきりって無理。いや、プロでもかなり難しい。よく地盤が弱いと、それだけでダメ!だと思われがち。でも、大事なことは、その地盤に応じた基礎、構造をしているのか?これです。

 で、それは見てもわかるのか?

素人には難しい!でもね、まず、抑えておきたいのは、法律で定められた基準というのがある。あくまで、これ以上にはしようね、っていう基準なので最低ラインではある。この基準は、よく改正されてます。大きな地震なんかで、被害を受ける度に改正(改良)されているのです。

で、マンションに関しては、この基準は必ず満たしている。いや、正確には、設計上は満たしている。そうしないと建築の許可がもらえないから。(構造偽装問題があったがそれは別ですね)

これを、いろいろと突付いてもしょーがない。大事なのは、設計だけでなく、施工がその通りになされているか?である。が、なかなかマンションの場合、このチェックをする機会が無い。残念なことです。

ちなみに、建設現場では、設計よりも実際の施工方法の方がより良い仕様となることもある。基礎工事が、図面とは異なる杭を打つことだってある。

この点(構造そのもの)については、ある程度、売り手、作り手を信じるしかないのが現状である。

このコラムの中で、全てのチェック項目を上げて、その説明を書くわけにもいかない(本が何冊もできてしまう量になり、消化不良間違いなしだから)ので、大事な点で、かつ、誰でも頑張ればチェックできることを中心に書きますね。

 階高

これって、何でしょう?この意味がわかる人は、良い感じですよ。

これは、各階それぞれの高さです。例えば、3階の住戸を購入しようとしているなら、3階の住戸の床のコンクリートの表面から4階の住戸の同じところまで。別にフローリングの表面からフローリングの表面だと思ってもらっても良いです。同じことですから。

この階高は、いろんな所に影響してきます。天井の高さや、床の厚さ、コンクリートの厚さなどなど。これらは、コスト面を抜きに考えれば、数値が高い方が良いのです。天井が高い方が、開放感のある室内になりますよね?コンクリートも厚い方が、下への騒音を抑えます。ほかにもいろいろと良いことをもたらします。

じゃあ、みんな高くすれば良いのですが、そうもいきません。その分、お値段が高くなりますから。

具体的に言いますと、理想は、階高は3000mm以上です。理想ですよ。

でも、なかなかこのレベルのものはありません。少ないです。

そこで、できれば、2900mm以上欲しいところです。これも、限られますが。最低でも2850mm未満は避けたいところですね。


≪ パンフレット、モデルルーム 2 マンション購入の攻略読本
のTOPへ
マンション全体 2 ≫





ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。