「失敗しない中古マンション購入の攻略法!」 中古マンションは実物を見て買える!
住むネット

マンション

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

中古マンションは実物を見て買える!
中古マンションの資産価値と金利リスクの数
中古マンションの購入判断で焦る気持ち
リフォーム済み中古マンションの落とし穴
物件探しの注意点
中古マンションの現場へ行く前に
中古マンションの構造が心配なら
長期修繕計画のチェックは中古マンション購入の基本
中古マンションの管理費等の滞納リスク
中古マンションの賃貸住戸の数もチェック
中古マンションの事務所とペットの問題
中古マンションは「実物を見て買える!」

(1) 中古マンションは「実物を見て買える!」


中古マンションの最大のメリットは、やはり、実物を見て購入判断できるということでしょう。

逆に、実物を見て判断できないのが新築マンションのデメリットでもありますね。

しかし、せっかく実物を見れるにもかかわらず、その最大のメリットを充分に活かしきれていない人が多いのも事実。

その要因は、「何を見ればよいかわからない」という根本的な問題もありますが、「売主さんに遠慮して」という人もいらっしゃいます。

そのお気持ちはよくわかります。

他人のお宅を拝見しているわけですから、気を遣うな、という方が無理なのかもしれませんね。

売主さんの立場に立って考えてみれば、「売りたい」という気持ちがあるわけですから、「ゆっくり見てもらって結構です」というのが本音であることが一般的なのです。

大きな買い物でもあるわけですから、ここは遠慮は禁物でしょう。しっかり、チェックしてください。

さて、「実物を見て買える」ということですが、どのあたりを見れば良いのでしょうか?

逆に、実物を見れない新築マンションの場合のことを考えてみますと、購入者が問題とするのは、部屋の大きさのイメージが掴みにくいということがあります。

そして、フローリングやキッチンの天板などが思っていた色と違うという声も聞きます。

つまり、部屋の大きさや各種仕様のカラーといった「当たり前の部分」の確認も必要です。当然すぎることですが、一通りお部屋を見て、帰った後にご夫婦で「あれ?キッチンって何色だったっけ?」なんて会話をしている方もいらっしゃるのです。

次に、そのお部屋やマンション内にいて聞こえる音(騒音)がないかの確認も行います。そして、臭いも。

窓を開けているときと閉めているときの違いも要チェックですね。

また、バルコニーや窓からマンションの周辺をよく観察し、日当りや風通しに影響のある建物がないか確認します。さらに、
今後、そういった建物が建つ可能性のありそうな土地がないかも確認すべきですね。もちろん、周辺を歩いてチェックすることも必要です。

空き地や駐車場があれば、建設される可能性を感じるのは当然ですが、工場が建て替えられることもあります。また、大きな邸宅があれば、相続が発生した際に売却され、そこにマンションが建設されることもある

眺望を売りにしているマンションの目の前に別のマンションが建った!なんてニュースは毎年見られることですね。


中古マンション購入の攻略法
TOPへ戻る
次へ
中古マンションの資産価値と
金利リスク


中古マンションの建物調査はアネスト




ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。