「失敗しない中古マンション購入の攻略法!」 中古マンションの購入判断で焦る気持ち
住むネット

マンション

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

中古マンションは実物を見て買える!
中古マンションの資産価値と金利リスクの数
中古マンションの購入判断で焦る気持ち
リフォーム済み中古マンションの落とし穴
物件探しの注意点
中古マンションの現場へ行く前に
中古マンションの構造が心配なら
長期修繕計画のチェックは中古マンション購入の基本
中古マンションの管理費等の滞納リスク
中古マンションの賃貸住戸の数もチェック
中古マンションの事務所とペットの問題
中古マンションの購入判断で焦る気持ち


(3) 中古マンションの購入判断で焦る気持ち


中古マンションのメリットについて見てきましたが、逆にデメリットについて考えてみましょう。

当然ながら、古い、劣化しているなどのデメリットはありますね。その程度は物件によって大きな差がありますが。

これ以外では、間取等の条件が同じような住戸が同時にいくつも売却されることは稀ですから、気に入った物件があれば、早めに判断しないと先に売れてしまうということがありますね。

早く決断しないと売れてしまう(他の人が買ってしまうかもしれない)。でも、焦って買ってしまうと予期せぬ問題が発生し後悔してしまうかもしれない。

何とも悩ましいところです。

よく不動産会社の営業の方が、「ほかにも見に来たお客さんがいます」なんて言いますが、この辺の心理を突いてきていますね。もちろん、本当に見に来て先に購入する可能性もあるわけですから仕方ないところです。

同じ物件がいつ出てくるかわかりませんが、それでも最初に見に行った物件であれば、焦って決断しないことをオススメします。

中古マンションの場合、その古さがデメリットだと捉える人が多いと思いますが、好きなようにリフォームして住むことができるので、逆にメリットだと考える人もいます。しかし、リフォームといっても何でもできるわけではないですから、物件の見極めが大事ですが。(このあたりは後日にお話します)

問題は、予期せぬリフォームを行うはめになったときですね。住宅購入直後の出費の多いときに予想外のリフォーム費用が発生するのは避けたいでしょう。

好みの間取などに変えるためにリフォームしようとして、新たな問題が発見され、追加工事費が必要になることだってあるのです。


戻る
中古マンションの資産価値と
金利リスク
中古マンション購入の攻略法
TOPへ戻る
次へ
リフォーム済み
中古マンションの落とし穴


中古マンションの建物調査はアネスト




ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。