「失敗しない中古マンション購入の攻略法!」 リフォーム済み中古マンションの落とし穴
住むネット

マンション

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

中古マンションは実物を見て買える!
中古マンションの資産価値と金利リスクの数
中古マンションの購入判断で焦る気持ち
リフォーム済み中古マンションの落とし穴
物件探しの注意点
中古マンションの現場へ行く前に
中古マンションの構造が心配なら
長期修繕計画のチェックは中古マンション購入の基本
中古マンションの管理費等の滞納リスク
中古マンションの賃貸住戸の数もチェック
中古マンションの事務所とペットの問題
リフォーム済み中古マンションの落とし穴


(4) リフォーム済み中古マンションの落とし穴


前回のコラムの最後の部分に関連して、中古マンションのリフォームについてお話します。

よく広告に、「リフォーム済み」と買いてあることがありますね。

既にリフォームされているのですから、リフォーム代が不要となり、綺麗なお部屋でもあるので結構、評判が良いです。

しかし、既にリフォームされている物件ですから、購入者がリフォームされた箇所を新たにリフォームする可能性は低いでしょう。自分の好きなようにリフォームしたい人にとってはマイナスです。

もっと大事なことは、
購入者がリフォームしないということは、購入者がリフォーム中を見ていないということであり、リフォーム中に新たに発見された瑕疵を補修しているかどうか確認できないことにつながります。

前回のコラムで指摘したように、リフォームをしていく過程で、新たな問題(瑕疵など)が発見され、補修のために追加工事を行うことがあります。もちろん、追加工事費用の負担は辛いのですが、逆に、長く住むことを考えれば安心できることでもあるのです。

その大事な機会を失うことは、マイナス事項だと考えるべきです。

もちろん、売主がそういったことを補修してくれていれば良いのですが・・・

自分が住まないマンションのリフォームですから、そこまでコストをかけてまで対応しない可能性が高いでしょう。賃貸マンションのオーナーも修繕工事のコストを削減することに必死になる人は本当に多いです。

自分の住まいと他人の住まい、意識の違いがあるのは避けられないと考えておいた方が良いでしょう。

これからは、広告で「リフォーム済み」という文句を見れば、「綺麗な部屋だな」と思うのと同時に「悪いところが隠れている可能性もあるな」と思うようにしましょう。

ちなみに、購入後にリフォームするなら、床・壁などの下地をとったところで、隠れた瑕疵がないかしっかり確認しましょう。


戻る
中古マンションの購入判断で
焦る気持ち
中古マンション購入の攻略法
TOPへ戻る
次へ
物件探しの注意点


中古マンションの建物調査はアネスト




ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。