「失敗しない中古マンション購入の攻略法!」 長期修繕計画のチェックは中古マンション購入の基本
住むネット

マンション

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

中古マンションは実物を見て買える!
中古マンションの資産価値と金利リスクの数
中古マンションの購入判断で焦る気持ち
リフォーム済み中古マンションの落とし穴
物件探しの注意点
中古マンションの現場へ行く前に
中古マンションの構造が心配なら
長期修繕計画のチェックは中古マンション購入の基本
中古マンションの管理費等の滞納リスク
中古マンションの賃貸住戸の数もチェック
中古マンションの事務所とペットの問題
長期修繕計画のチェックは中古マンション購入の基本


(8) 長期修繕計画のチェックは中古マンション購入の基本


マンションのエントランス付近のスペースにいる管理人さん。この方には、聞いて見ると良いことがたくさんあります。当社で調査へ行く際にもいろんなことを聴聞します。

たとえば、「
長期修繕計画」について以下のことを確認しましょう。

・長期修繕計画があるか?
・長期修繕計画に屋根の防水・外壁の修繕・給排水設備・電気設備・
 エレベーター・鉄部の塗装・建物調査などが含まれているか?
・修繕積立金がマイナスになる計画になっていないか?
  → マイナスの計画ならば、大幅に修繕積立金を上げる可能性が
    高いと予測しておきましょう。
・築10年以上経過しているマンションの場合、修繕計画の見直しを
 したことがあるか?
・修繕積立金があがる計画になっていないか?
・修繕積立金が上がる場合、いつ、いくら上がる計画になっているか?
・一時金を徴収する計画になっていないか?
・一時金を徴収する場合、いつか?いくらか?

ちなみに、管理人さんによっては、これらのことを全く把握していないこともあります。それは、そのマンションの管理組合との契約形態や管理人さんの熱心さにもよります。

そういった場合は、管理会社や理事長に確認すると良いでしょう。これらのことを把握している管理人かどうかは、良い管理人であるかどうかの判断材料にもなります

マンションの管理状態は、管理人の影響もありますからね。

さて、上記にあげたチェックポイントは全て長期修繕計画に関するものです。そのマンションを適正に維持していくために必要であり、非常に大事な「長期修繕計画」。

長期修繕計画は、これ自体がないマンションもあるのですから驚きます。築年数の古いマンションほど、長期修繕計画のない確率があがります。

万一、購入検討中のマンションが、このようなマンションであったら、購入後に自ら長期修繕計画の作成に乗り出すぐらいの気構えがないとオススメできないものが多いです。

仮に、これから長期修繕計画を作成しても、今までに計画的な修繕が行われていない可能性が高いために、金銭的にも精神的にも負担が大きくなることが予想されます。

慎重に検討したいところですね。

長期修繕計画があったとしても、その計画内容は適切なものか、所有者の金銭的な負担はどうか?よく確認してください。もちろん、将来的な負担の変化も要チェックです。


戻る
中古マンションの構造が心配なら
中古マンション購入の攻略法
TOPへ戻る
次へ
中古マンションの管理費滞納


中古マンションの建物調査はアネスト




ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。