住むネットNews 「住むネット」


[1.住まい全般]

2009年03月29日

住宅瑕疵担保履行法をサクッとお勉強。

今年の住宅業界における最大の法規に関する関心事は、
住宅瑕疵担保履行法でしょう。

この法律の正式名称は、「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」。
何とも敬遠したくなる名称ですね。。。

でも、大事な法規ですし、消費者にとってはプラスになるはず(?)ですので、
概要だけでも理解しておいた方が良さそうです。


今年の10月1日以降に新築住宅を引き渡す場合に、
新築住宅を供給する事業者(ハウスメーカーや分譲会社など)に対して、
瑕疵の補修等が確実に行われるように、
保険加入又は供託のいずれかを義務づけるものです。

ちなみに、10月1日より前でも保険に加入できます。

よく「10年保証」という言葉を聞かれることもあるかと思いますが、
「構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分」に関して
ハウスメーカーや分譲会社などは瑕疵担保責任を負っています。

しかし、その責任を負うべきハウスメーカーや分譲会社などに
充分な賠償能力がなかったり、倒産していたりするとどうなるのでしょうか?

そこで、保険加入や供託を義務付けようというわけですね。

この保険は、補修すべきハウスメーカーや分譲会社などへ支払われるのですが、
倒産していた場合は消費者に支払われます。

これから住宅を購入する方は、保険に加入しているかどうかを確認しておく必要があります。

そして、今年の10月1日以降の引渡しが義務となるわけですが、
これから建物プランを計画するような場合には、対象となることも考えられますね。
間取りなどのプランを決めて、図面を作成して、建築確認申請して・・・
工事がちょっと遅れて・・・

このようなことはよくありますから。

また、8月や9月に引渡しを予定している場合も何らかの事情により、
引渡しが遅れてしまい、10月1日以降になってしまいますと対象となります。
ということは、8月や9月に引渡しを予定している場合であっても、
保険加入か供託の対応をとって頂く方が良いでしょう。


予想されることとしては、9月に起こるであろう強引な引渡しです。

・未完成の状態での引渡し
・9月中に引渡す為の突貫工事による欠陥・不具合

これらは全国で多くの事例が発生するのではないかと思われます。

特に、今は住宅があまり売れていません。
既に完成済みの住宅やこれから建築する建売住宅なども
9月までに引渡せるかは不明です。

完成後1年以内で人が住んでいない住宅が、
ここでいう新築住宅となります。

こういう物件は多数ありますから、さて、売主はどのように処理するのでしょうか?

(1)9月までに価格を下げてでも売却する
   → 買い手に有利な交渉材料?(価格面では)
(2)10月を過ぎても気にせず(気づかず?)そのまま販売する
(3)10月を過ぎた場合は、完成後1年超になってから中古住宅として販売する
(4)10月を過ぎた場合は、誰かが住んだことにして中古住宅として販売する(笑)

(笑)なんて書いていますが、おそらくどこかでありそうです。

上記(2)もありそうに思えます。
売り手が黙っていて、買い手が知らなければ・・・

上記(1)は充分に考えられますね。
(3)や(4)も値引きの対象となるでしょうね。

いずれにしても、保険の対象でない住宅かどうかも購入の判断材料となります。
しっかり確認しましょう!

投稿者 住むネット :

2006年05月27日

住宅性能表示制度は購入判断に有効か?

昨年11月のマンション等の耐震偽装問題以降、消費者のマンションの構造への関心が高まり、売る側(ディベロッパー)はその対策を考えてきました。

これに関して、おもしろいデータがあるので見てみましょう。
そのデータとは、国土交通省が発表している「住宅性能表示制度」の利用実績です。

続きを読む "住宅性能表示制度は購入判断に有効か?"

投稿者 住むネット :

2006年05月08日

消費税・金利・地価の上昇と購入時期

3月以降、住宅ローン金利の上昇に関するニュースが増え、実際に金利も上昇していますね。また、今後、一般消費者の大多数が消費税率が上昇するであろうと認識していると思います。

これらのことが住宅購入にどのような影響を及ぼすかは気になるところですが、その意識調査をネクスト社が公表しています。

続きを読む "消費税・金利・地価の上昇と購入時期"

投稿者 住むネット :

2006年04月29日

アスベストと耐震診断を重要事項の説明で

昨年から世間を騒がせた不動産業界のニュースとしては、耐震偽造問題とアスベスト問題が2大ニュースと言えるのではないでしょうか。

どちらも人の生命にかかわるような重大な問題です。
これらの問題に関することでもありますが、不動産取引の際の重要事項説明において、説明すべきことが追加され、4月24日より施行されました。

続きを読む "アスベストと耐震診断を重要事項の説明で"

投稿者 住むネット :

2006年04月11日

この価格は妥当なのか?

マイホームを買おうとしたときに、多くの人がもつ疑問。
それは、

「この価格は妥当なのだろうか?」

ということ。
不動産の売買を頻繁に見ている不動産会社と違い、経験も情報量も圧倒的に少ない一般消費者にとっては、当然の疑問ですね。

続きを読む "この価格は妥当なのか?"

投稿者 住むネット :

2006年03月25日

量的金融緩和政策の解除と公示地価

ここ数日、よくニュースでも報じられている「量的金融緩和政策の解除」の影響で、住宅購入の駆け込み需要が発生しています。

住宅ローンの金利上昇を心配した消費者が、「金利上昇前にマイホームを買ってしまおう!」との考えを持っているからですね。

続きを読む "量的金融緩和政策の解除と公示地価"

投稿者 住むネット :

2005年11月10日

不動産広告について

皆さんも新聞に入っている不動産広告を見て違和感を感じたことは多いのではないでしょうか?

続きを読む "不動産広告について"

投稿者 住むネット :

2005年10月27日

不動産感覚

不動産は、専門性が高い。その上、独特の感覚というものがある。不動産感覚とでもいえばいいのだろうか。単なる知識は、活字から学ぶこともできる。でも、この不動産感覚に関してはそうもいかない。

続きを読む "不動産感覚"

投稿者 住むネット :

2005年09月22日

東京都23区内の住宅地の価格は?

前回に引き続き、国土交通省が発表した基準地価を見ながら、地価の動きを見てみます。

今回は、東京都23区の住居系の地域を見ます。

続きを読む "東京都23区内の住宅地の価格は?"

投稿者 住むネット :

2005年09月21日

住宅地の価格に変化?

昨日より、新聞・テレビなどのニュースでも報じられているので、目にされている方も多いと思いますが、全国の基準地価が発表されてますね。

概ね都市部を中心に、下げ止まりの傾向にあり、一部では、横ばい、もしくは上昇となっていると報じられています。商業地のことは、おいときまして、住宅地を見ていきましょう。

続きを読む "住宅地の価格に変化?"

投稿者 住むネット :

2005年09月09日

耐震性と家賃の関係

相次ぐ地震により、住宅購入者(及び購入希望者)の建物の耐震性への関心は非常に高い。専門家への相談内容でも耐震性への質問が増えている。

ところが、賃貸住宅を借りる方の耐震性への関心はそれほどでもないようだ。これは、自分の資産になる購入の場合と違って他人のものである、との意識が影響しているかもしれない。

続きを読む "耐震性と家賃の関係"

投稿者 住むネット :

2005年09月08日

新しい住宅政策(住宅基本法)と今後について

今までの日本の住宅政策は、「量」をキーワードにしていた。戦後の住宅不足を補うべく、住宅供給を第1としていたのである。しかし、現在では、その住宅不足も解消され逆に供給過多になっている。

そこで、業界内外でも政策転換の必要性が言われてきたわけです。そして、「量」の追求から「質」を重視した政策へと転換されようとしている。このことが9月8日付の読売新聞に掲載されている。

続きを読む "新しい住宅政策(住宅基本法)と今後について"

投稿者 住むネット :

2005年08月04日

既存住宅(中古住宅)の付加価値を高めて販売

東京電力と都市デザインシステムが共同出資で新会社を設立し、既存のマンションや社宅などを一棟丸ごと買取し、オール電化や光ファイバーの敷設で付加価値を高めて住戸単位で販売する。(5月14日付日本経済新聞より)

当然ながら、東京電力としては、オール電化の普及を目的としていますね。前にも書きましたが、電力会社の攻勢はすごい。それが本当に消費者にとって良いのかどうかは別として。

明らかに過剰である住宅のストックの付加価値を高め、再販する動きは社会的意義も大きく、こういった事業は注目したいですね。ここ数年、中古住宅を買取して、リフォーム後(付加価値を高めて)、売却する事業は増えてきています。

競売物件を落札後に、リフォームして売却することは多かったのですが、物件の対象が広がっているのが現状です。

一般個人の売主が、自宅などを売却する際に、第3者としてコンサルする事業もありでしょうね。仕組み次第でしょうが、資金にゆとりのある個人売主なら面白いと思います。

いづれにしても、既存住宅(中古住宅)の上記のような動きは、今後、ますます増えてくることは間違いありません。マイホーム購入者としても、新築ではなく優良な中古住宅購入も選択肢として良いのではないでしょうか?

投稿者 住むネット :



住むネットNewsのTOPへ