住むネットNews 「住むネット」


[4.住宅ローン]

2009年07月03日

中古住宅の住宅ローン

最近、不動産業界では、中古住宅の話題が増えています。
「これからは、中古住宅の時代だ!」
というような話です。

これは、国土交通省が推し進めていることですし、
私も自社のお客様の動向から、肌で感じています。
中古住宅の建物調査のご利用の多さが証です。

これから、中古住宅の市場が活性化していくことは、
まず間違いないでしょう。


しかし、新築住宅の建築・分譲・販売で
事業を成り立たせている会社は数多く、
これらが黙っているとも考えにくいかと思います。

長期優良住宅も、中古住宅より新築住宅に関することが
主になっているように感じられますしね。
結局は、「長持ちする新築を建てよう!」ってことになってませんか?

と、今日はそんなことを書きたいわけではないのですが、
中古住宅の住宅ローンについて思うことです。

日本では、新築後の住宅価格の下落はかなり大きいです。
車でもそうですよね。
買った瞬間からは中古住宅として、大きく価格が下落してしまいます。

これからは、中古住宅市場が大きく変わる可能性がありますが、
現状ではこうなっているのです。

そして、その後も価格は下がり続けるわけですが、
それは建物の価値をあまり認めないからです。
逆にいうと、建物の価値がほとんどないレベルまで価格が下がると、
そこからはあまり下がりません。

築年数が新しいほど価格の下落率が高く、
築年数が古いほど下落率が低いわけです。

しかし、日本の金融機関は中古住宅よりも新築住宅の住宅ローンに熱心です。
その不動産の担保力を考えれば、下落率の低い中古住宅の方が安全だと
考えられるのですが、そうは考えないようです。

中古住宅よりも新築住宅の方が購入者層の条件がよい、
と考えているのかもしれません。人的要件によるものですね。

徐々に住宅市場が変わってきており、
中古住宅の購入者層もいろいろです。

個人的には、新築住宅の住宅ローンで、頭金なしの方に融資するよりは、
中古住宅の方に注力した方がよいのではないかと感じるところです。
頭金なしの新築住宅への融資は、融資した瞬間に大幅な担保割れです。。。

これからは、金融機関の姿勢も変わってくるでしょう。

投稿者 住むネット :

2009年06月16日

経済危機対策?

不況を何とかしよう・・・
これはわかります。

何とかする為の対策がいろいろと出されています。
実行しようというのですから、期待したいところです。

経済危機対策として、住宅金融支援機構のフラット35の制度拡充が実施されました。


そのなかでも、以下の2つに注目です。

1.フラット35(買取型)の建設費・購入価額の100%以内の利用が可能に

2.融資の対象となる諸費用の範囲を拡大


簡単に言えば、融資範囲を拡大して、消費者が住宅を買いやすくしよう!
というわけですね。


住宅ローンという借金を増やして、経済危機対策!?


この対策は、住宅を建築・分譲・販売する側を助ける為のものであって、
消費者の為とは言い難いものですね。

以前からずっと言ってきたことですが、フラット35は融資制限を次々と緩和してきており、
何でも融資する方向に突き進んでいます。

住宅金融公庫時代には、ゆとり返済(当初の返済額を抑え、11年目から返済額があがる)で
多くの消費者を返済困難に導いて批判されたことがありますが、
また同じことを繰り返すことでしょう。

住宅ローンを借り易くするということは、
将来の破綻者(そこまでいかなくとも返済苦になる方)を増やすことです。

しかし、それにしてもフラット35の緩和はどこまで進むのでしょうか。
そのうち、電柱に貼っているチラシのように「ブラックOK!」みたいになったりして・・・

さすがに、それはないか、、、

投稿者 住むネット :

2008年08月21日

「住宅ローン・シミュレーションの殿堂」リリース

私の会社が運営する住宅ローンの情報サイト「住宅ローンの殿堂」において、金利変動や繰上返済に対応という新機能を搭載した住宅ローンのシミュレーションシステムを公開しました。利用は無料です。

多くの住宅ローン・シミュレーターが、インターネット上で公開されており、住宅購入者が気軽に利用できる環境にありますが、将来の返済計画を大きく左右するはずの金利変動や繰上返済に細かく対応した実務的なシステムがありませんでした。つまり、ユーザーの条件が正確に反映されず、実際の返済次第では大きな誤差が生じやすいものでした。

そこで、将来の金利変動を予測して設定したり、繰上返済を何度も設定できる新機能を搭載した住宅ローン・シミュレーターをリリースしました。その名も「住宅ローン・シミュレーションの殿堂」です。

この住宅ローン・シミュレーションの殿堂は、住宅ローンの金利一覧とも連動しており、金利一覧で気になる住宅ローンの金利をクリックすれば、自動的にシミュレーションを開始することもできます。

http://www.loan-dendo.jp/planning/index.html

投稿者 住むネット :

2008年07月04日

東京スター銀行の「スターワン住宅ローン」で「金利上げませんキャンペーン」

東京スター銀行は、スターワン住宅ローンの金利を7月以降も据え置く「金利上げませんキャンペーン」を実施しています。6月の金利のまま据え置くわけです。

長期金利上昇に伴い、住宅ローンの金利は明らかに上昇しています。7月の各金融機関の住宅ローン金利も上昇傾向です。そのなか、東京スター銀行は、金利を上げずに顧客獲得を目指します。

具体的には、2008年7月1日から2008年7月30日までにスターワン住宅ローンを新規で申し込む方が

対象となり、借り換えの場合は、2008年10月31日までに契約、新規購入もしくは建築の場合は、2008年12月31日までに契約することが条件となっています。

このキャンペーン金利は、期間中は変更しない予定となっています。

他の金融機関の金利が上昇するなか、金利を据え置くということは他の金融機関と比較して有利であると考えられるかもしれません。しかし、冷静に金利を比較してみると、もともと都市銀行などに比べて金利が高いため、金利を据え置いても7月の金利の単純比較では有利は言い難いですね。

ただ、東京スター銀行の住宅ローンの最大の特徴は、預金連動型である点です。この特徴が、あなたに合うならば検討してみると良いでしょう。

※参考サイト

住宅ローン金利の一覧(住宅ローンの殿堂)

住宅ローン金利のランキング(住むネット)

投稿者 住むネット :

2007年07月25日

住宅ローン相談が最も多い?

私自身もファイナンシャル・プランナーであり、所属している団体でもあるのですが、NPO法人「日本ファイナンシャル・プランナーズ協会」が受け付けた電話相談についてニュースになっています。

続きを読む "住宅ローン相談が最も多い?"

投稿者 住むネット :

2007年04月02日

住宅金融支援機構の住宅ローンに注目

長い間、住宅業界を支えてきた住宅金融公庫ですが、4月1日に独立行政法人住宅金融支援機構に生まれ変わりました。

これは、住宅業界では、非常に大きなニュースです。

続きを読む "住宅金融支援機構の住宅ローンに注目"

投稿者 住むネット :

2006年09月02日

9月の長期固定型の住宅ローン金利が低下

7月末以降の長期金利の低下の影響で長期固定型の住宅ローンの金利が下がる可能性について、こちらでお話していましたが、多くの銀行で下げています。

金利が引き下げられたのは、30年程度の長期固定型の住宅ローン以外に、10~20年程度の中期固定型の住宅ローンも対象となっています。

続きを読む "9月の長期固定型の住宅ローン金利が低下"

投稿者 住むネット :

2006年08月26日

住宅ローンの借り換えは短期的な動向もチェック

住宅ローンの金利が上昇局面を迎えていることは、今、住宅ローンを借りようとしている人(=住宅購入を考えている人)や住宅ローンの借り換えを考えている人ならわかっていることでしょう。

特に、借り換えを考えている人の場合、借り換えを実行するタイミングが微妙に返済額に影響するので気をつけたいところです。

続きを読む "住宅ローンの借り換えは短期的な動向もチェック"

投稿者 住むネット :

2006年08月06日

住宅ローン金利の不当表示

住宅ローンを借入するときに注意すべきことはいくつもありますが、代表的な注意事項としては

「実際に適用される金利は、申し込み時点ではなく借り入れ時点の金利である」

という点です。

続きを読む "住宅ローン金利の不当表示"

投稿者 住むネット :

2006年07月06日

7月のフラット35の金利は上昇傾向に

7月のフラット35の金利の上昇がニュースになっています。

--------------------------------------------------------------
住宅金融公庫は4日、民間金融機関と提携した最長35年の長期固定ローン
「フラット35」の7月の適用金利が取扱305機関の平均で前月より0.032%高い
3.226%になったと発表した。(日本経済新聞より引用)
--------------------------------------------------------------

続きを読む "7月のフラット35の金利は上昇傾向に"

投稿者 住むネット :

2006年06月05日

6月の住宅ローンの金利は?

3月から住宅ローンの金利上昇が続いていましたが、6月に入って落ち着きを見せています。

各民間の金融機関でも10年以下の固定型の住宅ローンの金利を下げていたり、住宅金融公庫の金利も下げていたりします。

この住宅金融公庫の金利を具体的に見ますと、基準金利を前回の3.71%から3.68%0.03%に引き下げています。

続きを読む "6月の住宅ローンの金利は?"

投稿者 住むネット :

2006年04月19日

中期・長期固定型の住宅ローンが人気!

変動金利や短期固定型の住宅ローンから中期または長期固定型の住宅ローンへ。

この数年、高まってきていた長期固定型の住宅ローンへのニーズが、最近の金利上昇を機にさらに加速しています。確実に。

そんななか、4月19日付日本経済新聞の記事によりますと、

続きを読む "中期・長期固定型の住宅ローンが人気!"

投稿者 住むネット :

2006年04月05日

日本生命保険が住宅ローンの残債を肩代わり?

住宅ローンの競争は、金利だけではなく、付加価値の競争が激しくなりつつあります。

その1つとして、「保険」がついてくることが多いですね。

三井住友銀行などがそういった住宅ローンの導入を進めてきました。そして、日本生命保険が、3大疾病にかかった場合に、銀行・信用金庫などの住宅ローンの肩代わりをする保険をはじめました。

続きを読む "日本生命保険が住宅ローンの残債を肩代わり?"

投稿者 住むネット :

2006年04月02日

4月の住宅ローン金利が上昇!

金利の上昇が注目されている住宅ローンですが、4月の融資に適用される金利を見ていきますと、やはり上昇しています。

しかも、5~10年の固定型の住宅ローンについては、0.2~0.3%程度の幅で上昇しているケースが多く、今後の住宅ローンの借り入れ方に影響を及ぼしそうですね。

続きを読む "4月の住宅ローン金利が上昇!"

投稿者 住むネット :

2006年03月29日

SBIモーゲージとGEコンシューマー・ファイナンスが提携

2006年3月29日付 日本経済新聞の記事より:

SBIモーゲージはGEコンシューマー・ファイナンスと提携する。4月1日から住宅ローンの顧客の相互紹介を始める。

とあります。

SBIモーゲージは、以前、グッドローンという社名でしたが、グループ再編に伴い今の社名へ変更となりました。長期固定型の住宅ローンを特長にしています。

SBIモーゲージにつていはこちらもご覧ください

GEコンシューマー・ファイナンスは、ファイナンスは、外資系の金融機関。海外では素晴らしい知名度を誇りますが、国内では意外と知名度が低く、住宅ローンの取り扱いの歴史も浅く、ほとんど浸透していません。SBIモーゲージや都銀などと比べて、金利が高く、ターゲット層があきらかに異なります。

この両社が提携して、SBIモーゲージの対象とならない顧客をGEコンシューマー・ファイナンスに紹介しようというものですね。

SBIモーゲージの知名度は、日々高まっているとはいえ、まだ知らない人も非常に多い。両社共に、認知度アップが課題です。

投稿者 住むネット :

AIGスター生命保険が住宅ローン利用者に医師を紹介

2006年3月29日付 日本経済新聞の記事より:

AIGスター生命保険は4月から、住宅ローンとあわせて加入する団体信用生命保険の付帯サービスとして、医師の紹介サービスを始める。

とあります。

最近、住宅ローンの付加価値として様々な保険が付いてくるというものが多いですが、医師の紹介までもがセットになりましたね。

債務者が病気などになったときに、医師を紹介するなどのサービスを行うとのことです。

団体信用生命保険というのは、債務者が死亡した場合に、住宅ローンの残高を保険で支払うために、遺族が住宅ローンを返済する必要がなくなります。圧倒的多数の人が加入しています。

この団体信用生命保険(略して、団信ということが多い)への付帯サービスとのことです。

AIGスター生命が団体信用生命保険を提供している金融機関に限られるとのことです。


最近は、コンシェルジュのいるマンションも増えていますが、住宅ローンにもそういった機能が増えてくるかもしれませんね。

この流れにも注目していきたいと思います。

単純な金利以外の付加価値競争が増えてきている住宅ローン。
今後が楽しみです。

投稿者 住むネット :

2006年03月20日

新生銀行が長期固定型の住宅ローンを投入

最近、住宅ローンの金利が上昇するのではないか?と言われていますね。
日銀が発表した量的金融緩和の解除が原因となり、住宅ローンの金利上昇へとつながる動きが指摘されています。

続きを読む "新生銀行が長期固定型の住宅ローンを投入"

投稿者 住むネット :

2006年02月15日

りそな銀行、関西アーバン銀行の住宅ローン

今日の日本経済新聞を見て、少し驚きました。「住宅ローン 特色を競う」と題して、一面のトップになっています。金融機関が住宅ローンに注力しているのは確かですが、各社の住宅ローンの特長を比較する内容の記事にしては、扱い大きいですね。それだけ、注目されつつあるということかもしれません。

続きを読む "りそな銀行、関西アーバン銀行の住宅ローン"

投稿者 住むネット :

2006年02月05日

2月の住宅ローンの金利について

2月に入り各金融機関の住宅ローンの金利が発表になってますね。
フラット35は、全般的に下降してます。

続きを読む "2月の住宅ローンの金利について"

投稿者 住むネット :

2005年12月13日

フラット35と銀行の立場

住宅金融公庫と民間金融機関の提携ローンである「フラット35」ですが、今までにも何度かお伝えしてきた通り、地方銀行や信用金庫の積極的な姿勢が目立ってきました。

続きを読む "フラット35と銀行の立場"

投稿者 住むネット :

2005年11月09日

住宅金融公庫の廃止

今まで、住宅購入・供給を支えてきた住宅金融公庫が2006年度末までに廃止されることになっています。住宅金融公庫の融資を受けてマイホームを取得するという、最近まで当たり前であった方法がなくなるわけですね。

続きを読む "住宅金融公庫の廃止"

投稿者 住むネット :

2005年11月05日

新しい住宅ローンが登場!(新生銀行)

住宅ローンを借りるときは、多くの人が変動金利にするか?固定金利にするか?と悩む。必ずしもどちらが有利とは言い切れないところが住宅ローンを選ぶときの悩ましさですね。

続きを読む "新しい住宅ローンが登場!(新生銀行)"

投稿者 住むネット :

2005年11月04日

11月の住宅ローンの金利は上昇傾向

住宅ローンの金利が上昇傾向にあります。住宅金融公庫の基準金利が、11月度の申し込み分で3.32%へ上昇。10月は、3.19%でしたから、0.13%の引き上げですね。

続きを読む "11月の住宅ローンの金利は上昇傾向"

投稿者 住むネット :

2005年10月29日

住宅ローンの代理店?

マイホーム購入時には住宅ローンを利用する方が多いですよね。その住宅ローンを借り入れるときは、銀行へ行って手続きすることが今までの本来の形です。

続きを読む "住宅ローンの代理店?"

投稿者 住むネット :

2005年10月12日

フラット35の受付件数の増加と変わる販売現場の対応

住宅金融公庫と民間金融機関の提携住宅ローンである「フラット35」が平成15年度に受付開始されて以来、順調に融資件数を増やしています。

続きを読む "フラット35の受付件数の増加と変わる販売現場の対応"

投稿者 住むネット :

2005年10月07日

GEコンシューマー・ファイナンスの住宅ローン

外資系の金融機関であるGEコンシューマー・ファイナンスが、今年の4月から住宅ローンに参入してます。今まで、個人向けのローン事業をやってましたが、住宅ローンにまで参入し、ちょっと注目しています。

続きを読む "GEコンシューマー・ファイナンスの住宅ローン"

投稿者 住むネット :

2005年09月28日

全宅住宅ローンが10月から全国で

7月から営業を開始して注目を集めている住宅ローン「全宅住宅ローン」。このことに関するニュースが業界内外で伝えられていますが、業界新聞「住宅新報9月27日号」でも掲載されている。

冒頭のように、今年の7月に営業開始したのですが、当初は東京のみでした。住宅金融公庫との提携ローン「フラット35」なのですが、そのなかでも低金利を実現し注目されています。

続きを読む "全宅住宅ローンが10月から全国で "

投稿者 住むネット :

2005年09月12日

住宅ローンの金利と返済期間

9月の住宅ローン金利を見ていきますと、やはり上昇していますね。長期固定金利は。住宅金融公庫と民間金融機関の提携ローンであるフラット35も上昇しています。長期国債の上昇を受けて予想通りの動きです。

続きを読む "住宅ローンの金利と返済期間"

投稿者 住むネット :

2005年09月02日

住宅金融公庫の金利が上昇!

住宅金融公庫の9月分の金利が発表されてますね。やはり金利は上昇してます。長期金利上昇の影響で公庫の金利もあがったわけです。

8月の基準金利3.08%から9月の基準金利3.23%に0.15%の上昇です。この金利は、9月5日以降の申し込みに適用されます。

投稿者 住むネット :

住宅ローンの新時代へ

この住むネットNewsでも過去に住宅ローンの競争の激しさについて書いてきました。そして、金利だけの競争ではなく、他の条件、たとえば附帯する保険などの付加価値での競争も増えているとも書いてきました。

そして、9月2日付けの日本経済新聞にて、このことが細かく掲載されています。「住宅ローン 商品設計競う」と大きな記事になっていますね。

がん保険や失業時に保険金が支払われる保険などのように、保険をつける場合が、1つの特徴になっているが、ほかにも子供がいる場合は金利を割り引くような住宅ローンも。しかも、一人当たり0.2%の割引というように、その人数に応じて割り引くのです。なかなかお得ですね。

続きを読む "住宅ローンの新時代へ"

投稿者 住むネット :



住むネットNewsのTOPへ