住むネットNews 「住むネット」


[9.その他]

2008年10月16日

超高層もここまでいくと、、、

この数年、首都圏や近畿圏を中心に超高層マンションが大量供給されてきました。
タワーマンションもこれだけ増えると、今や希少価値という点ではやや疑問符が付きますね。

30階建てでも大変な高さに感じますが、50階前後のものもあります。

最上階付近の高額な住戸(億ション)だからといって、簡単に売れる時代ではなく、
苦戦するマンションも多数あります。

超高層マンションについて知りたい方は以下をご覧ください。

超高層マンションってどうなの?

ニュースを見られた方も多いかと思いますが、今、中東諸国では超高層ビルの建築計画が次々と、、、

いや、なかには「超高層」では片付けられないような高さのものまであります。

高さ1000メートルを超えるビルの計画が、、、高さ1kmです。。。

ありえないですよね。想像を絶する計画で、同じ地球上のものとは思えません。

日本の50階建てマンションを上に5つ積み上げたぐらい(もしくはそれ以上)のビルです。想像できますか?

しかも、そんな計画がUAEにサウジアラビア、さらにはクウェートにもあるそうです。

中国では、奇抜な形をした建築物が増えており、建築家の自己表現の場となっているそうですが、中東ではとにかく高さを競っているようですね。

投稿者 住むネット :

2008年10月04日

住まいブロガー集合!

住宅に関連するブログを集めたサイト「住まいブロガー集合!」がオープンしました。

ファイナンシャル・プランナーや不動産会社、コンサルティング会社、個人の住宅購入記など、住宅に関することを記載しているブログであれば、無料で登録できます。

より多くの人にブログを見てもらいたい人は、是非、登録してみましょう。

「住まいブロガー集合!」

投稿者 住むネット :

2006年12月03日

住宅ローン減税の延長?

新聞等で「住宅ローン減税の延長」というニュースが伝えられています。これは決定ではなく、延長の方向で検討に入ったということです。実現の可能性が高いと予想されますが。

ところで、この数日、

続きを読む "住宅ローン減税の延長?"

投稿者 住むネット :

2006年08月28日

不動産会社の行政処分歴

住宅購入を考えている人が悩むことの1つに、「不動産会社の信用度」がある。当社のお客様からも良く相談を受けることです。

「大手だから安心ですよね?」とか「聞いたことのない会社だから心配なんです」などという話をよく耳にします。

続きを読む "不動産会社の行政処分歴"

投稿者 住むネット :

2006年04月18日

確認検査機関による中間検査

家を建てるときには、まず、「こんな家を建てます」という申請をする。
これを建築確認申請と言う。

そして、完成すれば完了検査を受け、問題なければ検査済証を発行してもらう。

この間に、行政や物件によるが、中間検査を受けなければならないことも多い。

続きを読む "確認検査機関による中間検査"

投稿者 住むネット :

2006年03月29日

上町断層

2006年3月29日付 日本経済新聞より:

(大阪)府内を南北に貫く「上町断層」が震源の場合、全壊する建物は1996年の予測から約3割増え、約37万棟に上る。阪神大震災での兵庫県内の約3.5倍。
(中略)
上町断層は豊中市から堺市付近まで約32キロとされていたが、さらに南に約14キロ延びていた。

とあります。

上町断層の存在は広く知られていますが、「約14キロ延びていた」というのには目が止まりました。

とはいえ、断層は、知られていないものも多いと言われており、地震がおこってみないとわからない部分もあります。

この記事には、「枚方市から富田林市にかかる生駒断層も従来の2倍近い長さ」と記載されています。

直下型地震が発生した場合の全壊棟数が、37万棟。大きな数値ですね。

最近では、行政の後押しもあり、耐震診断をされる方も増えています。しかし、耐震診断をして耐震補強の必要性を認知しても、予算の関係などもあり、対処されない方が多いのも事実。

こういったニュースを見て、耐震診断・耐震補強への意識が高まるといいのですが。

投稿者 住むネット :

2006年03月23日

札幌でもマンションの構造偽装問題

昨年秋からマンション等の構造偽装が問題となっておりますが、札幌でも同様の問題が起こりましたね。浅沼良一2級建築士によるもので、4棟のマンションが問題となっております。

姉歯問題のときもそうでしたが、元請である設計事務所よりも構造担当の建築士が大きく取り上げられていますね。しかし、元請である設計事務所の責任も免れません。いや、本来であれば、元請の設計事務所こそが大きく取り上げられてもおかしくないところです。

謎の多い問題ですね。

首都圏・福岡・札幌と広がりを見せる構造偽造問題ですが、今後が心配されます。

投稿者 住むネット :

2006年02月25日

マンション購入の攻略法教えます。

住宅取得コンサルティングのアネストが、これからマンションを購入する人向けに、マンション購入の攻略本を出版しました。

続きを読む "マンション購入の攻略法教えます。"

投稿者 住むネット :

2005年10月25日

住宅購入でも情報は鮮度が大事

最近では、マイホーム購入者のうち、多くの方が勉強するようになってきている。その手段は、ネットでの情報収集であったり、新聞・雑誌であったり、書籍であったり・・・

続きを読む "住宅購入でも情報は鮮度が大事"

投稿者 住むネット :

2005年09月13日

建築の監理が行われていない?

建物を建てる際に、「こんな建物を建てます」という申請を行政に行う。これを建築確認申請と言います。この申請と異なる建物を建てると違反となるわけですが、そんな違反をしたとして、建築士6人が国土交通省に処分されました。(9月13日付日本経済新聞より)

続きを読む "建築の監理が行われていない?"

投稿者 住むネット :

2005年08月31日

外的要因で住宅を買っていいの?

前回、外的な要因でマイホームを購入することについて、疑問を投げていましたが、その続きを書きます。

前回の続きはこちら

日本には、住宅購入に有利な様々な制度がある。住宅ローン減税は、その代表的な例。住宅ローンの残高に応じて、所得税が軽減されるので、お得ですよ!というもの。

確かに、税金が全く軽減されずに、全額支払うよりもお得である。

続きを読む "外的要因で住宅を買っていいの?"

投稿者 住むネット :

アメリカの住宅市場に変化が

アメリカでは、住宅バブルとも言える価格上昇や販売戸数の増加であると、日本の新聞やテレビで報道されてきました。しかし、それが徐々に変化してきているようです。

今までは、現地(アメリカ)の不動産業者は、今後の見通しについても強気の姿勢であった(もしくは、そのように報道されてきた)が、最近では、日本のメディアでも状況の変化を伝えるようになってきている。

続きを読む "アメリカの住宅市場に変化が"

投稿者 住むネット :



住むネットNewsのTOPへ