「一戸建て購入のツボ!」 点検口のない家を買うな
住むネット

一戸建て

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

一戸建てのツボ:ログ一覧
建築条件付土地に潜むワナ(2)
建築条件付土地に潜むワナ(1)
点検口のない家を買うな
一戸建ての階段のチェックポイント(2) 幅・手すりetc
一戸建ての階段のチェックポイント(1) 蹴上げと踏面
一戸建ての玄関のチェックポイント(2)と廊下
一戸建ての玄関のチェックポイント(1) 玄関式台・框・手すり
一戸建ての建物外部のチェックポイント(2)
一戸建ての建物外部のチェックポイント(1)
一戸建ての玄関ポーチのチェックポイント
化学物質の現状を知っておこう!
木造枠組壁工法の特長
2×4工法の特長
木造軸組工法(在来工法)
一戸建ての基礎

一戸建てコンテンツ
一戸建て購入のツボ
失敗しない土地選び
住宅の検査・保証制度
いつか、一緒に家を建てよう

マンションコンテンツ

住宅ローンコンテンツ

住まい全般コンテンツ

専門家のサポート

みんなの声(掲示板)

コラム執筆者募集中
一戸建て購入のツボ 点検口のない家を買うな

(13) 点検口のない家を買うな


多くの一戸建て住宅の建物調査を行うなかで強く感じることがある。それは、

 なぜ、点検口のない家を作るのか?

ということ。

建物は、本来、適切なメンテナンスを行いながら維持・管理していくべきもの。永く快適に居住していくためには必要なことです。

そのためには、その建物の状態を簡単に確認できる状態が望ましいですよね。もちろん、非常時の確認のときだってそうです。

たとえば、台所で水漏れが起こってしまい、その被害状況を確認するときに床下点検口があるかどうかで確認するスピードが違います。

点検口がなければ、床の一部を破壊して確認しないといけません。破壊すれば、たとえ床下に被害がなくても床を基へ戻す為の工事が必要ですよね。

そんなわけで、点検口というのは大事なものです。中古住宅の調査に行くことも多いですが、築年数の古いものほど点検口がないことが多いです。

床下収納庫があれば、そこから確認できるのですが、古い住宅の場合は床下収納庫もないことが多いです。そうなると調査範囲も限られてきます。

ちなみに、1階に和室がある場合に、稀にですが、畳をあげてその下の板をはずせば、何の工事も伴うことなく床下を確認できることがあります。畳下の板が釘などで固定されていない場合ですが。

また、点検口が必要なのは床下だけではありません。屋根裏もそうです。しかし、多くの場合、収納の天井から簡単に確認できます。

 点検できない家 = 維持・管理しにくい家

となりますが、維持・管理しにくい家は、結局、建物の劣化やその他の問題に気づくことが遅れてしまい、建物の寿命を縮めてしまうことにもなりかねません

点検口があるかどうか、という点を住宅選びの1つのポイントに加えてください。中古住宅であって、点検口がない場合は、購入後に点検口を作ることも考えてよいと思いますよ。ただし、購入前に床下などの大事な箇所の確認ができないのは心配ですが。

できれば、新築でも中古でも購入前に床下の状態を確認したいところです。基礎・土台・一部を実際に目で見て確認し、腐食・シロアリなどの問題がないかチェックしたいものです。

新築住宅の場合は、点検口のない家を購入すること自体、考え直しても良いのではないでしょうか。

なぜなら、家づくりをするときに、分譲会社(不動産会社)や設計者が本当に居住する人のことや将来の家のことを考えているのであれば、自然と点検口を作ろうと考えるはずです。

それ(点検口)を作らないということは、売った後のことを考えていない会社や人であると言っても過言ではないでしょう。

 点検口のない家 = 無神経な売主や設計事務所の建てた家

とも考えられるのです。点検口(もしくは点検できる箇所)のない家を買わない、これは大事なポイントです。


≪ 一戸建ての階段A 一戸建て購入のツボのTOP 建築条件付土地のワナ@ ≫


一戸建て住宅の住宅検査(建物検査)はアネスト

 



ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。