「一戸建て購入のツボ!」 建築条件付土地に潜むワナ
住むネット

一戸建て

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

一戸建てのツボ:ログ一覧
建築条件付土地に潜むワナ(2)
建築条件付土地に潜むワナ(1)
点検口のない家を買うな
一戸建ての階段のチェックポイント(2) 幅・手すりetc
一戸建ての階段のチェックポイント(1) 蹴上げと踏面
一戸建ての玄関のチェックポイント(2)と廊下
一戸建ての玄関のチェックポイント(1) 玄関式台・框・手すり
一戸建ての建物外部のチェックポイント(2)
一戸建ての建物外部のチェックポイント(1)
一戸建ての玄関ポーチのチェックポイント
化学物質の現状を知っておこう!
木造枠組壁工法の特長
2×4工法の特長
木造軸組工法(在来工法)
一戸建ての基礎

一戸建てコンテンツ
一戸建て購入のツボ
失敗しない土地選び
住宅の検査・保証制度
いつか、一緒に家を建てよう

マンションコンテンツ

住宅ローンコンテンツ

住まい全般コンテンツ

専門家のサポート

みんなの声(掲示板)

コラム執筆者募集中
一戸建て購入のツボ 建築条件付土地に潜むワナ

(15) 建築条件付土地に潜むワナA


前回に引き続きまして、「建築条件付土地」についてお話します。今回は、よくあるトラブルの例として契約についてのお話です。よくあることですので、注意してください。

通常、「建築条件付土地」の売買であれば、まず、土地の売主と土地の売買契約を行います

その後、建物のプランが決まった段階で、建築工事請負契約を施工会社と結ぶことになります。

これがホントのやり方。でも、土地の売買の際に、土地建物売買契約を結ぼうとする不動産会社があります。これでは、建売住宅と一緒です。

まだ完成していない建物、しかもプランが何も決まっていない建物の契約を結んでしまうのです。

無茶苦茶です。いざ、契約!というときになって、こんな業者だとわかったら契約しない方がよいでしょう。信頼できません。

本来は、土地の売買契約のみを先に行い、このときに、「買主と売主が建物のプランで合意できない場合は土地の売買契約を白紙にしましょう」という内容にしておくべきです。

そうしませんと、建物のプランで追加工事費用が多く、想定外の代金となってしまった場合でも解約できず、仕様を落としたり建築面積を減らしたりする(家を小さくする)などで不満足な家を買うことになってしまうリスクがあります。

ちなみに、上記の悪い不動産会社の例では、建物のプランが合意に達したら、始めの契約書を破棄して新たに契約書を結び直すようです。

不動産会社によっては、「建物のプランが合意できずに解約になってしまっては困る」という身勝手な理由で無理に土地建物の売買契約としてしまうのです。怖い話ですが、これも実際にあることですから注意しましょう。

しかし、今までにもこのようなケースで、どんな建物を建てるかも決まってないのに、建物価格が契約書に記載されているのを何度も見ました。

また、

「建築面積の増加に応じて、平米あたり○○○円の増額になります」

って書いてあって、面積が減少しても減額はしなかったり

「但し、仕様は当社の標準仕様によります」

っと書いてあり、結局、フリーになってなかったり。しかも、契約段階でその標準仕様書を買主に渡さないなんて業者もありました。

どんな仕様が標準になっているかわからないのに、どうやって判断すればいいの?

って思いますよね。

不動産会社や営業マンの本音は、「買主の気持ちが変わるのが怖い」のです。ですから、気持ちが変わる前に契約上、縛ってしまうわけですね。こんな業者からだけは家を買いたくないものです。


≪ 建築条件付土地のワナ@ 一戸建て購入のツボのTOP


>>> 建築条件付き土地の購入と注意点・工事監理の甘さ

建築条件付き土地を買って家を建てる前に読んでおくべき注意点、ノウハウについての専門家のコラムです。

 



ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。