「フラット35を抑えておこう!」フラット35の基本の「キ」 
住むネット

住宅ローン

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

フラット35を抑えておこう
フラット35の基本の「キ」
フラット35の基本の「キ」の補足
フラット35の融資条件
フラット35の基本的な特長
フラット35の上手な利用方法
技術基準があるから安心?
住宅金融支援機構の基準の検査とは?
優良住宅取得支援制度とは?
フラット35の融資条件の変遷と解説 1
フラット35の融資条件の変遷と解説 2

住宅ローンコンテンツ
住宅ローンのツボ
住宅ローンの最新hot!情報
住宅ローン・ランキング
住宅ローン基本の「キ」
フラット35を抑えておこう!
住宅ローン徹底研究!
住宅ローンの“今”を斬る!

マンションコンテンツ

一戸建てコンテンツ

住まい全般コンテンツ

専門家のサポート

みんなの声(掲示板)

コラム執筆者募集中
フラット35の基本の「キ」

(1) フラット35の基本の「キ」

フラット35とは、簡単に言いますと、住宅金融支援機構(2007年3月までは住宅金融公庫)と民間金融機関による提携ローンです。民間金融機関とは、銀行や信用金庫もそうですが、住宅ローンを専門とするモーゲージバンクもあります。

誰もが馴染みのある三井住友銀行やみずほ銀行のような都市銀行、地方銀行、地域の信用金庫なら、その街にお住まいであれば、その金融機関の名称ぐらいはわかると思いますが、専業のモーゲージバンクとなると知名度も低く、不安を感じる方も少なくありません。

一例をあげると、

 ・SBIモーゲージ
 ・楽天モーゲージ
 ・日本モーゲージサービス

などがあり、その数は、増え続けています。

一般的には、信託銀行・都市銀行・地方銀行・信用金庫・ノンバンクの順に金利が上がっていくイメージがありますが、フラット35においては、金融機関の種類と金利はほとんど無関係です。

金融機関の名前にとらわれない住宅ローン選びも検討してみてください。

フラット35は、住宅金融支援機構が直接融資するわけではなく、上記のような民間の金融機関と提携して供給される住宅ローンなのです。

とにかく、フラット35については、以下の基本を抑えておきましょう。

 ・多くの金融機関が取り扱っている住宅ローンである
 ・金融機関によって、金利が異なる
 ・金融機関によって、融資手数料が異なる

この3点です。

そして、融資手数料を高くして金利を抑えているケースと融資手数料を安くして金利を上げているケースに大別されることも知っておいてください。

ここまでの基本を抑えた上で、次ページ以降をお読みください。




フラット35を抑えておこう!
のTOPへ
フラット35の基本の補足 ≫


 



ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。