「フラット35を抑えておこう!」 フラット35の基本的な特長
住むネット

住宅ローン

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

フラット35を抑えておこう
フラット35の基本の「キ」
フラット35の基本の「キ」の補足
フラット35の融資条件
フラット35の基本的な特長
フラット35の上手な利用方法
技術基準があるから安心?
住宅金融支援機構の基準の検査とは?
優良住宅取得支援制度とは?
フラット35の融資条件の変遷と解説 1
フラット35の融資条件の変遷と解説 2

住宅ローンコンテンツ
住宅ローンのツボ
住宅ローンの最新hot!情報
住宅ローン・ランキング
住宅ローン基本の「キ」
フラット35を抑えておこう!
住宅ローン徹底研究!
住宅ローンの“今”を斬る!

マンションコンテンツ

一戸建てコンテンツ

住まい全般コンテンツ

専門家のサポート

みんなの声(掲示板)

コラム執筆者募集中
フラット35の基本的な特長

(4) フラット35の基本的な特長

フラット35の最大の特長は、やはり長期固定金利という点です。最長35年間の借り入れが可能であり、その間、ずっと同じ金利が適用されるために、毎月の支払額が借りてから完済するまで同じです。

返済計画を立てやすく、将来の負担を確定できる点で、人生設計をし易いと言えるでしょう。長期固定金利であることの最大のメリットは、市場金利が上昇しても返済額に影響が無いという点ですね。

一般に、市場金利が低いと考えられる時には、固定金利の住宅ローンがよく、逆に金利が高いと考えられる時には、変動金利の住宅ローンが良いと考えられています。

次に挙げられる特長としては、保証料が無料である点です。民間金融機関の住宅ローンであれば、保証料が必要となることが多く、融資金額などの条件にもよりますが、数十万円単位で必要となります。この保証料がないことは、諸費用の節約になり魅力的ですね。

ただし、融資手数料が必要となっています。この融資手数料は、金融機関によって金額に差があります。3万円程度のものもあれば、融資額の2.1%という場合もあります。融資額の2.1%の場合、融資額が3,000万円であれば、融資手数料が63万円もの金額になります。

借り入れた後に発生する代表的な費用としては、繰上返済をする際に必要となる繰上返済手数料がございますが、この繰上返済手数料は無料となっています。繰上返済しやすく利便性が高いですね。

そして、団体信用生命保険の特約料が利用者の負担であることも特長です。民間金融機関の住宅ローンであれば、金融機関が負担していることが一般的ですが、フラット35では、利用者の負担となります。フラット35の場合は、機構団体信用生命保険と呼びます。

ここまでの特長をまとめますと、

 ・最大35年間の長期固定金利である
 ・保証料が無料である
 ・融資手数料が必要であり、金融機関によって金額大きく異なる
 ・繰上返済手数料が無料である
 ・団体信用生命保険の特約料が利用者負担である

といった内容です。


 


≪ フラット35の融資条件 フラット35を抑えておこう!
のTOPへ
フラット35の上手な利用方法 ≫


 



ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。