「フラット35を抑えておこう!」 フラット35の上手な利用方法
住むネット

住宅ローン

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

フラット35を抑えておこう
フラット35の基本の「キ」
フラット35の基本の「キ」の補足
フラット35の融資条件
フラット35の基本的な特長
フラット35の上手な利用方法
技術基準があるから安心?
住宅金融支援機構の基準の検査とは?
優良住宅取得支援制度とは?
フラット35の融資条件の変遷と解説 1
フラット35の融資条件の変遷と解説 2

住宅ローンコンテンツ
住宅ローンのツボ
住宅ローンの最新hot!情報
住宅ローン・ランキング
住宅ローン基本の「キ」
フラット35を抑えておこう!
住宅ローン徹底研究!
住宅ローンの“今”を斬る!

マンションコンテンツ

一戸建てコンテンツ

住まい全般コンテンツ

専門家のサポート

みんなの声(掲示板)

コラム執筆者募集中
フラット35の上手な利用方法

(5) フラット35の上手な利用方法

ここでは、フラット35を利用する上でのポイントについてお伝えしたいと思います。

フラット35は、多くの条件変更を続けてきており、非常に利用しやすくなってきております。フラット35の借入を検討する上で、以下のことも考えてみましょう。

フラット35の最大の特長が長期固定金利であることは、既にお話しましたし、多くの方がご存知であるかと思います。しかし、長期固定金利のメリット以上に、変動金利や短期固定金利の当初の低金利に魅力を感じる方は非常に多いです。

アメリカのように長期固定金利の住宅ローンが当たり前になっているわけではなく、日本では、まだまだ当初の低金利が優先される傾向にあるのです。

これは、国民性ともいえるのではないかと思います。

最近では、長期固定金利と短期固定金利の住宅ローンを併用するケースが目立ってきました。それぞれが持つメリットを上手く採り入れようという発想ですが、是非、検討してみて欲しいと思います。

フラット35でも、この併用ができるようになっています。

たとえば、住宅金融支援機構の財形住宅融資というものがあります。これは、5年間固定金利の住宅ローンであり、当初5年間はフラット35よりも低い金利となっております。

35年間固定だけど少し高めの金利であるフラット35と組み合わせることで、それぞれのメリットを取り入れることができるわけです。

ちなみに、住宅金融支援機構の財形住宅融資は、融資手数料と抵当権設定登記の登録免許税も不要であり、諸費用の負担が抑えられます。

短期固定や変動金利との併用という点では、民間金融機関の住宅ローンとの併用もできます。


これは、フラット35パッケージといいまして、金融機関がフラット35と自社の住宅ローンを一体的に融資するものです。10年固定の住宅ローンとフラット35を組み合わせることもできますし、3年固定の住宅ローンとフラット35を組み合わせることもできます。

かなり柔軟な借り入れ方ができるとご理解いただけましたでしょうか?

このフラット35パッケージですが、土地の先行融資が必要な時にも有効です。土地を購入して、その後に注文住宅を建てるという方も多いですが、この場合、土地の代金を先に決済しなければいけないことも多いです。このような場合、フラット35を単独で利用する場合には融資が困難だったのです。

しかし、フラット35パッケージであれば、金融機関の自社ローン(プロパーローン)で土地の決済をしておき、建物完成後にフラット35の融資を受けることができるのです。但し、土地の決済から8ヶ月以内に建物を完成させてフラット35の融資を受けることが条件となっています(期限延長の場合あり)。

フラット35は、確かに魅力的なものですが、これだけに固執せずにあなたに合った柔軟な借り方を考えてみましょう。



≪ フラット35の基本的な特長 フラット35を抑えておこう!
のTOPへ
技術基準があるから安心? ≫


 



ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。