「住宅ローンの最新hot!情報」 毎月、住宅ローンの金利などの動向や特徴的な住宅ローンなどをお知らせ
住むネット

住宅ローン

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

住宅ローンの最新hot!情報
2009年6月の住宅ローンの最新情報!
2009年5月の住宅ローンの最新情報!
2009年4月の住宅ローンの最新情報!
2009年3月の住宅ローンの最新情報!
2009年2月の住宅ローンの最新情報!
2009年1月の住宅ローンの最新情報!
2008年12月の住宅ローンの最新情報!
2008年11月の住宅ローンの最新情報!
2008年10月の住宅ローンの最新情報!
2008年9月の住宅ローンの最新情報!
2008年8月の住宅ローンの最新情報!
2008年7月の住宅ローンの最新情報!

住宅ローンコンテンツ
住宅ローンのツボ
住宅ローンの最新hot!情報
住宅ローン・ランキング
住宅ローン基本の「キ」
フラット35を抑えておこう!
住宅ローン徹底研究!
住宅ローンの“今”を斬る!

マンションコンテンツ

一戸建てコンテンツ

住まい全般コンテンツ

専門家のサポート

みんなの声(掲示板)

コラム執筆者募集中
住宅ローンの最新hot!情報

 ■ 執筆者 ■

 西  緑  midori nishi

 CFP
 宅地建物取引主任者

 主に住宅ローンについてのコンサルティングを行っている
 ファイナンシャル・プランナー。(詳しいプロフィールはこちら

2008年6月8日時点の住宅ローンの最新情報です

さて、その後の長期金利はどうなっているでしょうか?

4月25日に約半年ぶりに1.6%台になった新発10年物国債ですが、、、

その後5月前半は1.5%台後半〜1.6%台、5月後半は1.6%台後半〜1.7%台中心の動きへと上昇していきました。さらに、5月29日には1.8%台になりました。

これを受け、今月の長期固定金利型住宅ローン金利も、先月に引き続きもちろん上昇しています。

まず、フラット35(買取型)の金利幅ですが。。。

・返済期間が21年以上の場合
 3.050%(先月金利+0.1%)〜4.00%(先月金利+0.45%)

・返済期間が20年以下の場合
 2.770%(先月金利+0.09%)〜3.720%(先月金利+0.42%)

先月に引き続きしっかり上昇して、返済期間が21年以上の場合、最低金利のところでも3%台になってしまいましたねぇ(^_^;)

また、フラット35(保証型)の方は。。。(返済期間:15年以上35年以内)

・三菱東京UFJ銀行は、3.51%(手数料:31,500円)(先月金利+0.33%)(団信保険料込み)

・千葉興業銀行は、3.16%(手数料:融資額×1.05%)(先月金利+0.10%)(団信保険料別途必要)

・日本住宅ローンは、3.05%(手数料:融資額×1.75%+36,750円)(先月金利+0.05%)(団信保険料別途必要)
 ※別途、手数料少額タイプのもの、団信保険料込みのものもある。 

・SBIモーゲージの融資比率80%超90%以内の場合
  (手数料:融資額×2.1%) 3.07%(先月金利+0.1%)
  (手数料:融資額×3.15%) 2.97%(先月金利+0.1%)
  ※融資比率により、他に3つの金利が設定されている。
  (団信保険料別途必要)

こちらも、今月も、しっかり上昇していますねぇ。
中でも、三菱東京UFJ銀行は、かなり上昇してしまいました(><)

次に、銀行独自の住宅ローンですが。。。

大手4銀行(三菱東京UFJ、みずほ、三井住友、りそな)の各行が、すべての固定金利期間ものの金利を、0.10〜0.40%程度引き上げています。

最近注目している住信SBIネット銀行の住宅ローンですが、、、
 ・20年固定金利型:2.73% (先月金利+0.13%)
 ・30年固定金利型:2.85% (先月金利+0.10%)
 ・35年固定金利型:2.95% (先月金利+0.15%)
と、やはりこちらも、引き上げられています。

ということで、今月も、先月に引き続き、新発10年物国債金利の継続的な上昇を受け、住宅ローン金利も、全体的にしっかり上昇していることが、おわかりいただけたかと思います。

サブプライムローン(米国の低所得者向け高金利住宅ローン)問題による金融市場の混乱が起こって以来、比較的安全とされている債券(新発10年物国債)を買う動きが活発になっていました。そのため、債券価格が上昇し債券金利が下降していましたが・・・

ここにきて、サブプライムローン問題が一段落したと市場で受け止められ出してからは、債券を売り、株式等へ向かう動きが活発になっているため、債券価格が下がり、債券金利が上昇しています。

(ちょっと難しい話になってしまいましたが、、、
とりあえずは、『債券価格と債券金利は、逆の動きをする」という原則を覚えていただければなぁと思います。)

ガソリン価格の上昇を含め、食料品や日常品の値上げラッシュによる家計の負担増も気にかかるところですねぇ(>o<")

これから住宅ローンを組まれる方はもちろん、すでに返済中の方も、できれば、一度、借り換えも視野に入れてのメンテナンスの必要がないかどうかを検討してみていただきたいと思います♪

それでは、今回は、このあたりで失礼します。
また、次回に(☆^ー^)ノ~~


≪ 前月の住宅ローンの動向 住宅ローンの最新hot!情報TOP 次月の住宅ローンの動向 ≫




ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。