「住宅ローンの「今」を斬る!」 適用金利が選べるローン
住むネット

住宅ローン

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

住宅ローンの“今”を斬る!
考察:住宅ローンに関するアンケート結果から(3)
考察:住宅ローンに関するアンケート結果から(2)
考察:住宅ローンに関するアンケート結果から(1)
住宅ローン対決! 変動金利 vs 長期固定金利(2)
住宅ローン対決! 変動金利 vs 長期固定金利(1)
適用金利が選べるローン
住宅ローンの金利優遇、あれこれ
フラット35+公庫財形住宅融資を見つめ直す
住宅ローン金利上昇時の4つの対策
ゼロ金利解除後の住宅ローン、どう選ぶ?
どうなる?!住宅ローン金利 〜借り換えは?〜
どうなる?!住宅ローン金利 〜ホントに上昇するの?〜
読者の強みが使える住宅ローンって!?
量的緩和解除後の住宅ローン、どう選ぶ?
女性向け住宅ローンを攻略せよ!

住宅ローンコンテンツ
住宅ローンのツボ
住宅ローンの最新hot!情報
住宅ローン・ランキング
住宅ローン基本の「キ」
フラット35を抑えておこう!
住宅ローン徹底研究!
住宅ローンの“今”を斬る!

マンションコンテンツ

一戸建てコンテンツ

住まい全般コンテンツ

専門家のサポート

みんなの声(掲示板)

コラム執筆者募集中
住宅ローンの「今」を斬る! 適用金利が選べるローン

■ 執筆者:荒井 康矩 ■
■ 執筆者:西 緑 ■
■ 執筆者:山下 修一 ■


(10) 適用金利が選べるローン

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの山下修一です。
本題に入ります前に、先日(8/24)の日本経済新聞で「日経金融機関ランキング」という記事が載っていました。ご覧になられましたでしょうか?

ランキングの元になるの利用者の声で「接客・営業時間」「商品・サービス」「経営・信頼」「今後の利用」という4項目を重点に調査を行ったものでした。

で、その結果を見てビックリ。

「顧客満足度」部門の評価では、いわゆる3大メガバンクといわれる、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行のうち1つもトップ10には入っていませんでした。

意外でした。1つぐらいは入っていても...正直な気持ちです。

最近の3大メガバンクは、他に先駆けて新商品を投入したり、金利優遇などキャンペーンを実施して、積極的に顧客の囲い込みを図っていました。

さらに、営業スタイルでも窓口・訪問営業から、個人とじっくり対面したコンサルティングスタイルへの転換を図ったりと利用者と距離を出来るだけ縮める戦略を行ってきたはずです。

でもこの結果を見ると、利用者の「銀行に対するイメージ」と「実際に利用した感想」でかなりギャップがあるようです。

一方、その評価でトップとなったが新生銀行。

特に「金融商品(住宅ローン含む)の商品内容の説明が親切である」を中心に評価を伸ばしたようです。

私も以前訪れましたが、他の銀行と比べてやはり違ったスタイルを採っているとなあという印象を持ちました。

日々スタッフに対する相談研修の成果もあるとは思いますが、一方で雰囲気作りでも努力しています。

たとえば、お客様とはカウンター越しではなく、まずはカフェ雰囲気のお席にご案内し、近くに座って同じ方向から資料の説明している姿も見かけたことがあります。そんなことも満足度に影響しているのでしょうね。

商品・サービスの開発でも他の銀行と差別化を図ってきたと思います。

住宅ローンで「返済途中で金利を固定できる」商品は、利用者側にとって一味違うメリットを打ち出したものです。

そして....これからが本題です。

今回もまた一味違うサービスが出てまいりました。新生銀行の「適用金利選択サービス」というもの。

何が選択できるのかというと「申込日」の金利 VS 「契約日」の金利の低い方の金利です。。

住宅ローンの適用金利の決定。思い出してください。

まず住宅ローン実行までには「申込日」⇒「契約日」⇒「実行日(借り入れ日)」と進めていきます。

民間の住宅ローンのほとんどは「申込日」の金利ではなく「実行日」の金利が適用されます。

このあたり、一般の消費者に誤解を与えた問題もありましたね。

「実行日」の金利ということは「申込日」の金利からの「実行日」までの間の金利上昇リスクは消費者が負うことを意味します。

本来住宅ローンで一番注意をしておくべきことなのですが、今までは消費者がさほど重要と感じていませんでした。

なぜならば。。量的緩和やゼロ金利政策の恩恵で近年超低金利が続いており、金利の変動がほとんど無かったからです。

最近は「今月のローン金利が前月から0.x%上昇または0.x%下降」というニュースを見るたび、「いよいよ金利が動き始めたな?」実感しているこの頃、全く無視が出来ません。

さて気になる「契約日」と「実行日」の間隔ですが、短期間もしくは同日であることから実質的に「実行日」と見なしても良いと思います。

但し注意すべき点は、

「申し込み月の翌月末までに契約を完了し、かつご契約日の翌々月の末日までにご融資を実行される」

が条件となることです。

「3ヶ月以内なら銀行側が金利上昇リスクを負ってもいいよ」と言ってくれているだけなのです。

「申込日」〜「実行日(借り入れ日」が3ヶ月以内に進みそうならば利用して良いでしょう。

今から1年先に完成のマンションを購入予定というケースでは、大きなメリットにはなりません。

反対に、中古マンションや建売住宅などを購入される方にとって、少しでも金利上昇リスクを回避できるサービスと言えるでしょう。

借入額によっては0.1%や0.2%の節約でも大きいです。

(例)
 借入額:3000万円 返済期間:30年
 申込日金利:3.0% 契約日金利:3.2%のケースで試算すると、

  3.0%での総返済額は約4553万円
  3.2%での総返済額は約4670万円
  本来3.2%なのが3.0%の金利が適用されたら、
  約117万円の節約になります。

どうです?ちなみにその額は3700万円物件での仲介手数料相当です。(もしかして、人生最大の節約になったのかも!)

ちょっと興奮して大袈裟でしたね(笑)。すみません。新生銀行からの回し者ではありませんのでご安心を。

このような調子で、同じ思想の住宅ローンがどんどん出現してほしいものです。

『顧客満足度競争』

より活発になればいいですネ!それではまた。


≪ 住宅ローンの金利優遇 住宅ローンの「今」を斬る!
のTOPへ
住宅ローン対決@ ≫

 



ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。