「住宅ローンのツボ」 いくらなら無理なく住宅ローンを返済できる?B
住むネット

住宅ローン

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

住宅ローンのツボ:ログ一覧
住宅ローンと頭金のホントの話!?
住宅ローンの品揃え
住宅ローンの諸費用
住宅ローンをいくら借り入れできますか?
住宅ローンとライフプラン
連帯債務と連帯保証
資金計画と購入後の維持費
住宅ローンの保証料
団体信用生命保険料
住宅ローンを決める時期@
住宅ローンを決める時期A
住宅ローンを決める時期B
売買契約書の住宅ローン特約のホントの話
元金均等返済をご存知ですか?
いくらなら無理なく住宅ローンを返済できる?
いくらなら無理なく住宅ローンを返済できる?A
いくらなら無理なく住宅ローンを返済できる?B
いくらなら無理なく住宅ローンを返済できる?C
住宅ローンを組み合わせよう!
住宅ローンの35年返済のリスク@
住宅ローンの35年返済のリスクA
三大疾病保障付住宅ローン
ケガでの返済不能に備える
住宅ローン減税の試算

住宅ローンコンテンツ
住宅ローンのツボ
住宅ローンの最新hot!情報
住宅ローン・ランキング
住宅ローン基本の「キ」
フラット35を抑えておこう!
住宅ローン徹底研究!
住宅ローンの“今”を斬る!

マンションコンテンツ

一戸建てコンテンツ

住まい全般コンテンツ

専門家のサポート

みんなの声(掲示板)

コラム執筆者募集中
住宅ローンのツボ いくらなら無理なく住宅ローンを返済できる?

■ 執筆者:荒井 康矩 ■
■ 執筆者:西 緑 ■
■ 執筆者:山下 修一 ■


(17) いくらなら無理なく住宅ローンを返済できる?B

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの荒井です。

前回は、適正な住居費の考え方をお話しましたね。ちょっと小難しいな、と感じた方もいたと思います。でもね、ホントに大事なところですから、頑張ってもらいたいと思います。

@適正な住居費=購入後の収入−必要貯蓄額−購入後の支出(住居費を除く)

A適正な借入額=適正な住居費から金利・期間等の諸条件で逆算した借入額

B自己資金の上限=購入時の貯蓄−購入後も残しておくべき貯蓄

C適正な購入額=適正な借入額+適正な自己資金(諸費用を除く)

今回は、このなかの「A適正な借入額=適正な住居費から金利・期間等の諸条件で逆算した借入額」についてお話します。

「適正な借入額」を考えるわけですが、これを計算していくには、金利や借入期間、返済タイプを決定しなければいけません。しかし、ここでの目的は、あくまでどの程度の借入額なら無理のない範囲であるかを知ることにあるので、あまり細かなことを考えても前へ進みません。

よって、逆算する際の必要な条件は、

 ・適切な年間の住宅ローンの支払い額
 ・金利は高めに設定すること
 ・借入期間は定年までの返済を目安にすること
 ・返済タイプは、固定金利で考えること

以上の4つですね。

金利の設定ですが、今は、よくニュースにもなっている通り、金利上昇の傾向にあります。「量的金融緩和政策」の解除がきっかけになって、上昇傾向になっているわけですね。

金利の上昇傾向を考えれば、高めの設定にすることは自然な発想です。でも、どれぐらい高めに?ってことになってしまいますよね。

これは一概には言えません。例えば、3ヶ月以内に購入予定の方であれば、それほど高く考えなくてもいいでしょう。3.5%程度で充分です。(2006年7月に記述)

購入時期が1年後以降となると、4%程度で計算しておいた方が堅実でしょう。新築マンションを購入予定の方なら、完成まで1年以上ということもあります。完成時に借入することが基本ですから、新築マンションを購入するのであれば、さらに金利を高めに考えた方が良いでしょう。

次に借入期間ですが、借入期間を定年までとするのはあくまで目安。でも、なかなか決めづらいところだとも思いますので、まずはこれで良いと思います。現在30歳で60歳の定年なら、30年の住宅ローンとして計算するわけです。

※現在30歳の方が60歳になる頃には、定年が65歳か70歳ぐらいになっていると思われますが、 ここでは現状で試算して良いでしょう。

最後に返済タイプですが、あくまで試算であることを考えると、安定した返済額である固定金利が適していると思います。固定金利で試算して問題ない借入額であれば、最終決断の時点でより適した返済プランで借入すれば良いでしょう。

では、実際に、以下の例で適切な借入額を逆算してみましょう。

 年間返済額 : 130,000円
 金利    : 3.5%
 借入期間  : 25年(現在35歳で60歳定年として)
 返済タイプ : 全期間固定

という条件で借入額を逆算しますと、

 借入額 : 約2,600万円

となります。これが適正な借入額ですね。

次回は自己資金の決め方についてお話します。


≪ 無理なく返済できるA 住宅ローンのツボのTOP 無理なく返済できるC ≫

 



ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。