「住宅ローンのツボ」 いくらなら無理なく住宅ローンを返済できる?C
住むネット

住宅ローン

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

住宅ローンのツボ:ログ一覧
住宅ローンと頭金のホントの話!?
住宅ローンの品揃え
住宅ローンの諸費用
住宅ローンをいくら借り入れできますか?
住宅ローンとライフプラン
連帯債務と連帯保証
資金計画と購入後の維持費
住宅ローンの保証料
団体信用生命保険料
住宅ローンを決める時期@
住宅ローンを決める時期A
住宅ローンを決める時期B
売買契約書の住宅ローン特約のホントの話
元金均等返済をご存知ですか?
いくらなら無理なく住宅ローンを返済できる?
いくらなら無理なく住宅ローンを返済できる?A
いくらなら無理なく住宅ローンを返済できる?B
いくらなら無理なく住宅ローンを返済できる?C
住宅ローンを組み合わせよう!
住宅ローンの35年返済のリスク@
住宅ローンの35年返済のリスクA
三大疾病保障付住宅ローン
ケガでの返済不能に備える
住宅ローン減税の試算

住宅ローンコンテンツ
住宅ローンのツボ
住宅ローンの最新hot!情報
住宅ローン・ランキング
住宅ローン基本の「キ」
フラット35を抑えておこう!
住宅ローン徹底研究!
住宅ローンの“今”を斬る!

マンションコンテンツ

一戸建てコンテンツ

住まい全般コンテンツ

専門家のサポート

みんなの声(掲示板)

コラム執筆者募集中
住宅ローンのツボ いくらなら無理なく住宅ローンを返済できる?

■ 執筆者:荒井 康矩 ■
■ 執筆者:西 緑 ■
■ 執筆者:山下 修一 ■


(18) いくらなら無理なく住宅ローンを返済できる?C

こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの荒井です。

少し間があきましたが、適正な資金計画の立て方についてのお話の続編です。前回は、適正な借入額の考え方をお話しました。

(1)適正な住居費=購入後の収入−必要貯蓄額−購入後の支出(住居費を除く)

(2)適正な借入額=適正な住居費から金利・期間等の諸条件で逆算した借入額

(3)自己資金の上限=購入時の貯蓄−購入後も残しておくべき貯蓄

(4)適正な購入額=適正な借入額+適正な自己資金(諸費用を除く)

今回は、このなかの

(3)自己資金の上限=購入時の貯蓄−購入後も残しておくべき貯蓄



(4)適正な購入額=適正な借入額+適正な自己資金(諸費用を除く)

についてお話します。

この計算式を見てわかる通り、自己資金は、購入時の貯蓄から購入後も残しておくべき貯蓄を差し引いて求めればOKですね。

この「購入時の貯蓄」ですが、現在の貯蓄が800万円だとして、購入が1年先で150万円の貯蓄が可能であれば、「購入時の貯蓄」は950万円だと予測するわけです。単純ですね。

ここでは、仮に、この 950万円 を「購入時の貯蓄」だとします。そして、難しいのは「購入後も残しておくべき貯蓄」ですね。

どれだけの資金を残しておけばよいのか?っていうのは、簡単には計算できません。今後のライフプランを予測し、子供の教育費や生活費などを計算した上で考えるのがベストなのですが、実際にそれを一般の方が行うのは困難です。

そこで、毎月の手取り収入の3〜6か月分を1つの目安にしてみてください。できれば、6ヵ月ですね。手取りが、35万円/月であれば、6か月分で210万円となります。ただし、今後2年以内に大きな買い物をする予定があるなら、別途、その資金も残しておくべきでしょう。

たとえば、車の買い替え資金として200万円必要であれば、合計で410万円を残しておく計算になりますね。ここでは、仮に、この 410万円 を「購入後も残しておくべき貯蓄」とします。

さぁ、次に自己資金は?となるのですが、単純に上記の「購入時の貯蓄」から「購入後も残しておくべき貯蓄」を差し引きしますと、

950万円 − 410万円 = 540万円

となります。でも、これ以外に自己資金を増やせる場合があります。そんなときは、その分も追加しないといけません。

例えば、両親からの贈与です。ここでは、住宅取得用の資金として両親から 500万円 の贈与を受けたとします。

そうしますと、自己資金は 1,040万円 となりますね。

では、前回のコラムで計算した適正な借入額 2,600万円と合計した 3,640万円が適正な購入額となるのでしょうか?

実は、そうではありません。まだ考えておくべきことがあります。それは、諸費用です。住宅購入時の諸費用は結構高いです。

それだけに事前に資金計画に含めておいて用意しておく必要があります。要注意ですね。では、諸費用はどれぐらい必要なのでしょうか?

これは実は購入するときの取引形態に大きく左右されるために、一概には言えません。仲介業者を介して購入するかどうかで大きく諸費用がかわってきます。

仮に、新築マンション購入のときを考えれば、多くの場合、仲介業者を介さないため仲介手数料がかかりません。その場合は、物件価格の3〜6%程度の諸費用だとお考えください。

3,500万円程度の物件価格だとすれば、105万円〜210万円です。その中間値である157.5万円だとして計算するとよいでしょう。

ここまでのことを全て計算しますと、

自己資金(1,040万円)−諸費用(157.5万円)=882.5万円

となりますね。これが、いわゆる頭金です。

わかりますか?

そして、この 882.5万円 に適正な借入額 2,600円 をプラスした 3482.5万円 が適正な購入可能額となるのです。あくまで、この金額ぐらい ということですね。

これで、自分でもできる簡易的な住宅購入の資金計画の立て方をお話してきました。しっかり計画を立ててマイホームを取得してください。


≪ 無理なく返済?B 住宅ローンのツボのTOP 住宅ローンの組み合わせ ≫

 



ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。