「住宅ローンのツボ」 ケガでの返済不能に備える
住むネット

住宅ローン

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

住宅ローンのツボ:ログ一覧
住宅ローンと頭金のホントの話!?
住宅ローンの品揃え
住宅ローンの諸費用
住宅ローンをいくら借り入れできますか?
住宅ローンとライフプラン
連帯債務と連帯保証
資金計画と購入後の維持費
住宅ローンの保証料
団体信用生命保険料
住宅ローンを決める時期@
住宅ローンを決める時期A
住宅ローンを決める時期B
売買契約書の住宅ローン特約のホントの話
元金均等返済をご存知ですか?
いくらなら無理なく住宅ローンを返済できる?
いくらなら無理なく住宅ローンを返済できる?A
いくらなら無理なく住宅ローンを返済できる?B
いくらなら無理なく住宅ローンを返済できる?C
住宅ローンを組み合わせよう!
住宅ローンの35年返済のリスク@
住宅ローンの35年返済のリスクA
三大疾病保障付住宅ローン
ケガでの返済不能に備える
住宅ローン減税の試算

住宅ローンコンテンツ
住宅ローンのツボ
住宅ローンの最新hot!情報
住宅ローン・ランキング
住宅ローン基本の「キ」
フラット35を抑えておこう!
住宅ローン徹底研究!
住宅ローンの“今”を斬る!

マンションコンテンツ

一戸建てコンテンツ

住まい全般コンテンツ

専門家のサポート

みんなの声(掲示板)

コラム執筆者募集中
住宅ローンのツボ ケガでの返済不能に備える

■ 執筆者:荒井 康矩 ■
■ 執筆者:西 緑 ■
■ 執筆者:山下 修一 ■


(23) ケガでの返済不能に備える

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの山下修一です。

今月は「住宅ローンと保険」というテーマで書いてみようと思っていますが、前回は『三大疾病保障付きローン』と今トレンドになっている商品を解説しました。

その後ですが読者の方から、

「病気のリスクに対しては判りました。しかし、突発的な事故でケガをして長期に働けなくなるリスクには対応できないのですよね。」

という質問を受けました。

そうですね。「三大疾病」とかは特定の疾病にピンポイントを当てた保障ですから、そうでない原因で長期就業不能となった場合には住宅ローンの返済を免れることはできません。

疾病リスクについては、その方の身体の内部から発生するもので、健康診断や人間ドックをマメに受けたり、食事内容・生活習慣の改善によって、ある程度防ぐことはできると思います。

しかしながら、突発的な事故に遭遇するリスクは誰にでもあるものです。心配されることは良くわかります。

ただ、現状は一般的な住宅ローンを組むと、事故が起こって就業不能な状態となった場合には住宅ローンの返済を免れることは出来ません。
(団体信用生命保険では死亡だけでなく重度傷害でもローン残高が支払われますが、そこまで至らないケースのことをいいます。)

そこで、ケガの場合に備える方法としては2つの選択肢を紹介してみたいと思います。(ケガの場合に特化しているわけでなくケガの場合まで範囲を広げたものです。)

まずは「ローン返済支援保険」と呼ばれるものです。

30日を越える病気やケガによる入院(医師の判断によって自宅で療養している場合も含みます)の場合に、保険からローンの返済を肩代わりしてくれます。主な内容は以下の通りです。

 ・期間は3年間〜5年間
 ・金額は年間ローン返済額の1/12
 ・就労不能の免責期間は30日

保険料は銀行が提携している損保会社によって多少異なります。目安としては住宅ローンの返済月額1万円につき100円台と考えておくと良いでしょう。他にはローンの金利に含めて設定される場合もあります。(プラス0.2%程度)

残念ながら三大疾病保障に比べると取り扱っている銀行は少ないようです

もう1つは「長期収入サポート保険」と呼ばれているものです。

こちらは住宅ローンと連動しているものではありません。長期の就労不能になってしまった場合に、代わりに収入を補ってくれるものと考えてください。住宅ローンの返済はその保険金の中から充てるようにします。主な内容は以下の通りです。

 ・期間は5年、10年、60歳まで。
 ・金額は平均月間所得<税込>の1/12の60%以内で設定。
 ・就労不能の免責期間は90〜365日。
 ・職業によって加入制限があり。

保険料は職業・年齢・保険期間(=備えておく期間)・・補償期間(=支払われる期間)・免責期間によって異なります。取り扱っている保険会社は筆者が知っている範囲では「日立キャピタル損害保険」しかありません(06年11月に執筆)。但し、上記のような保険に加入するにしても、

 □一体どのような時に支払われるのか?
   ⇒どの程度の重度になるのか、
    就労不能の定義はどうなのか
        
 □自分が備えたいリスクは網羅されているのか?

の点をよく吟味することが必要です。そして、保険料がそれに見合うものかどうかですね。

「そんなことは起らないから。」と思う方がいる一方で、「いや、起らないという保証は絶対に無い。」と思う方もいらっしゃるでしょう。何も起らなければ、支払った保険料は掛け捨てとなります。その点の割り切りも必要ですね。
 ⇒ 最後は自己責任の感じ方ですね。

いかがでしたでしょうか?それではまたお会いしましょう。


≪ 三大疾病保障付住宅ローン 住宅ローンのツボのTOP 住宅ローン減税の試算 ≫

 



ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。