「住宅購入の諸費用っていくらかかるの?」 諸費用の明細は買主の都合が大事!
住むネット

住まい全般

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

住宅購入の諸費用
諸費用の明細は買主の都合が大事!
諸費用にはどんなものがあるか?(諸費用の一覧)
仲介手数料
印紙税
住宅ローンの保証料
住宅ローンの事務手数料
団体信用生命保険
火災保険料
地震保険料
家財保険
登記費用
住宅ローン代行手数料
水道分担金
つなぎ融資の金利
固定資産税・都市計画税の精算金
修繕積立基金・一時金
フラット35の適合証明書
耐震基準適合証明書
検査機関による調査費用
その他

住まい全般
不動産屋へ行く前に
マイホーム購入の疑問、
一発回答!
住まい選びの対決シリーズ!あなたはどっち派?
住宅購入の諸費用っていくらかかるの?
住まいの税金
住まいと保険
内覧会の攻略法
セミナーのご案内
目指せ!収納上手
住むネットnews
マイホーム獲得の現場
新築マンション販売情報

マンションコンテンツ

一戸建てコンテンツ

住宅ローンコンテンツ

専門家のサポート

みんなの声(掲示板)

コラム執筆者募集中
住宅購入の諸費用 諸費用の明細は買主の都合が大事!

 ■ 執筆者 ■

 yasunori arai
 荒井  康矩  プロフィール

 住宅取得コンサルティング会社「株式会社アネストブレーン
 トラスト」代表取締役


(1) 諸費用の明細は買主の都合が大事!


諸費用についての注意点をお話しましょう。

私は住宅購入時の相談などを仕事としていますので、いろいろな方の相談にのっています。それで、契約を目前に控えた方に、

 「諸費用がどれぐらいかかるか聞かれていますか?」

と聞きます。そうしますと、

 「だいたい150〜200万円ぐらいだと聞いています。」

といった返答が返って来ることがよくあります。しかし、契約を目前に、たとえば明日が契約だという場合、諸費用は概算とはいえ、かなり正確な数値がわかるものです。

それを「契約のときに諸費用の明細をお渡ししますから」という営業マンの説明にはあきれます

でも、実際には、こういったケースを非常によく耳にします。

もちろん、これではダメです。
諸費用の明細は、契約の前に把握しておくことが大原則です。契約前に、諸費用がいくらかかるのか把握しておいて、予算を確認しておかなければいけません。

ちょっと考えてみてください。

契約の場で、あなたが始めて諸費用の明細を見ました。しかし、その金額は思っていた金額をオーバーしていました。あなたは心の中で、

「こんなに費用がかかるのか・・・、それなら購入をもうちょっと考えなおそうか・・・、でも、もう契約の席だし売主さんも目の前にいるし言いにくいなぁ。」

と考えることになるでしょう。これでは、夢のマイホームの契約のはずが、非常に暗いものになってしまいますね。諸費用が思ったよりも高いときには、明細を見て項目ごとに、

「この○○○という費用は、何のために必要なものですか?どこに支払うものですか?」

と聞いて納得しておく必要があります。本来ならば、高くなくても確認すべきですが。

住宅そのものの価格が、何千万円と非常に高価なものですから、諸費用の金額への意識が低い方が非常に多いです。それをわかってか、
悪い業者などは法外な諸費用を請求していることすらあります

気をつけなければいけないということはわかってもらえたと思います。では、

  ・それぞれの諸費用とは実際にどれぐらい必要なのか?
  ・どこに支払うものなのか?
  ・何のために必要なのか?
  ・そもそもどんな諸費用があるのか?

次ページからは、こういったことをお伝えしていきたいと思います。


住宅購入の諸費用っていくら?
のTOPへ
諸費用の一覧 ≫


 



ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。