「住宅購入の疑問、一発回答!」 24時間換気って重要?
住むネット

住まい全般

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索
24時間換気


マイホーム購入者の疑問に専門家がお答えします。
あなたの疑問に一発回答!
Q 24時間換気って重要?
新築マンションには、部屋ごとに24時間換気が取り付けられていますが、重要なものなのでしょうか?


A 建築家 山本 覚の回答
シックハウス問題が社会問題とされたのが1996年頃になります。

建築後の住宅や事務所ビルにおいて、近年、建築材料や家具、日用品等から発散する化学物質による室内空気汚染等によるめまい、吐き気、 頭痛、目や喉の痛みなど、居住者への健康に有害な影響が数多く報告され、「シックハウス症候群」 「シックビルディング症候群」と呼ばれました。

このような状況から、シックハウスの原因となる化学物質の室内濃度を下げる為、 2003年7月に建築物に使用する建築材料及び換気設備に関する規制を行う目的で 「シックハウス法」が施行されました。
山 本  覚
1級建築士

これにより、住宅などの居室で換気回数0.5回/時以上、その他の居室では換気回数0.3回/時 以上の換気設備を義務付けられています。

※換気回数とは、室内の空気が一定の時間に入れ替わる回数です。室内容積(床面積×天井高)に 対する換気量の割合で表すます。たとえば、[床面積100平方メートル×天井高2.5m=容積250立方 メートル]の部屋で1時間に100立方メートルの空気が入れ替わった場合、換気回数は [100立方メートル÷250立方メートル=0.4回]。

24時間換気システムとは、このようにシックハウス対策として取り入れられた設備機器です。

では、昔の古い家では問題はなかったのでしょうか?

古い家はこのような換気設備はありませんが、サッシの機密性能が低い為、隙間から自然に換気がされていたと言われています。その点、現在の住宅はサッシの気密性能が高まり、お部屋の中が気密状態のため、空気汚染されると 人体に多大な影響が出てしまいます。

そこで、24時間換気で常に細い空気の流れを作ることにより、室内空気汚染を防ぐ働きがあります。最近の建築材料は化学物質の含有濃度が非常に低いもので構成されていますが、ゼロではありませんので、出来る限り換気システムを作動させて下さい。

また、換気は空気を出すものですが、新鮮な空気が入ってこないと換気の効きが悪くなります。この空気を取り入れる入口を「給気口」と言います。給気口が閉じられていると換気しても効きが悪くなりますので、必ず給気口は開放しておいてください。


≪ 確認済証や検査済証って? マイホームの疑問、一発回答!
のTOPへ
申込?契約?仮契約? ≫


みんなの声(掲示板)

みんなの声(掲示板)

みんなの声(掲示板)


専門家のサポート

住むネットメールマガジン

セミナー案内

執筆者プロフィール

コラム執筆者募集中

無料で住むネットのコンテンツをあなたのサイトで使えます!


「メディアの方へ」
執筆者への取材・取材協力・執筆依頼等はこちらへ>>>


(姉妹サイト)
住宅取得コンサルティング

(サイト制作会社)
Web企画戦略から制作まで!
有限会社アイシス



 
ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。