「一戸建て購入の疑問、一発回答」 クラック(ひび割れ)があるけど大丈夫?
住むネット

住まい全般

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索



マイホーム購入者の疑問に専門家がお答えします。
あなたの疑問に一発回答!
Q クラック(ひび割れ)があるけど大丈夫?
中古住宅を購入しようと思っています。気に入った物件があるのですが、壁のクラックが気になります。 壁のクラックはどんな程度のものが問題ですか?素人にも判断できる方法がありますか?


A 建築家 山本 覚の回答
そもそも木造の建物は鉄筋造のビルなどに比べて揺れるので、仕上げ材が吹き付け塗装などの場合、表面クラックが入りやすいです。このクラックが建物に影響があるかといいますと、それほど影響はありません。

しかし、見た印象があまり芳しくない為、10〜15年に一度塗装の塗り替えをお勧めしています。

外壁がサイディングなどの形成板だとクラックをそのままにしていると壁内に雨水などが浸入する恐れがあるので、補修が必要です。

外壁ではありませんが、地盤に近い基礎のクラックは重要です。クラックには大きく分けると「構造クラック」と「表面クラック」があります。表面のヘアクラックは大きさで現すと、巾が0.3mm未満のものになります。

山 本  覚
1級建築士

構造クラックは、巾が0.5mm以上のクラックで、このクラックがあると地盤の不同沈下や相対沈下が起きている可能性がありますので、床の傾きなどを確認する必要があります。

また、構造クラックには「曲げクラック」と「せん断クラック」があり、クラックの入り方で識別します。

基礎にきちんと鉄筋が入っていない場合はコンクリートが圧縮され、基礎の下部に縦方向にヒビが入ります。このような現象は相対沈下で見られ、「曲げクラック」と言われています。

対策としては基礎の高さを高くしたり、鉄筋を入れるなどの処置が必要です。基礎を横から見て斜め45度にヒビが入っている場合は「不同沈下」の恐れがあり、 「せん断クラック」と呼ばれます。

不同沈下は軟弱地盤の対策を怠ったり、地中障害物の影響などで起こりますので、対策としては基礎をジャッキアップして地盤改良することなどが必要になります。クラックの判断は非常に難しいため、プロの目で判断してもらうことをお勧めします。


<< 隣地と間隔が狭い マイホームの疑問、一発回答!
のTOPへ
基礎が一番大事? >>


みんなの声(掲示板)

みんなの声(掲示板)

みんなの声(掲示板)


専門家のサポート

住むネットメールマガジン

セミナー案内

執筆者プロフィール

コラム執筆者募集中

無料で住むネットのコンテンツをあなたのサイトで使えます!


「メディアの方へ」
執筆者への取材・取材協力・執筆依頼等はこちらへ>>>


(姉妹サイト)
住宅取得コンサルティング

(サイト制作会社)
Web企画戦略から制作まで!
有限会社アイシス



 
ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。