「不動産屋へ行く前に」 レインズって、何?
住むネット

住まい全般

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

不動産屋に行く前に
勉強でもしてやるか
冷静さを失っていませんか?
違反建築と住宅ローン
違反建築の確認方法
道路なくして家、建たず
道路と不動産価値
不動産の価格と相場
一戸建ての環境
みんなで押しかけよう!
一戸建ての地盤
売買契約書
試住?
大手だから大丈夫?
不動産広告の見方
不動産屋が不動産の専門家とは限らない?
中古住宅、あと何年持ちますか?
良い業者?悪い業者?
完了検査は義務!?
自分で相場をチェックできる?
仲介の意味を知っておこう!
レインズって、何?
完成から引越しまでに潜むリスク

住まい全般
不動産屋へ行く前に
マイホーム購入の疑問、
一発回答!
住まい選びの対決シリーズ!あなたはどっち派?
住宅購入の諸費用っていくらかかるの?
住まいの税金
住まいと保険
内覧会の攻略法
セミナーのご案内
目指せ!収納上手
住むネットnews
マイホーム獲得の現場
新築マンション販売情報

マンションコンテンツ

一戸建てコンテンツ

住宅ローンコンテンツ

専門家のサポート

みんなの声(掲示板)

コラム執筆者募集中
不動産屋へ行く前に レインズって、何?

 ■ 執筆者 ■

 yasunori arai
 荒井  康矩  プロフィール

 住宅取得コンサルティング会社「株式会社アネストブレーン
 トラスト」代表取締役


(21) レインズって、何?


よく不動産会社の営業マンが言うトークにこういのうがある。

「業界内だけで見れる情報で多くの物件情報があるので、うちに任せてください」

これは、多くの場合、「レインズ」のことを言ってます。レインズというのは、この営業マンが言うように、不動産会社がお互いに物件情報を共有するために設けられた情報システムであり、多数の物件が登録されてます。

このレインズには、売り物件の情報や成約した物件の情報、賃貸物件の情報も登録されています。

A社に売却依頼したら、その情報が共有され、他社でも仲介する(買主を探す)ことができるわけです。結構、便利なシステムですよね。このレインズのおかげで多くの不動産取引が成立しているのも事実です。

しかし、このレインズに登録されている情報が全てかというとそうでもありません

たとえば、B社が分譲している新築一戸建て住宅があったとします。このB社が自社で販売する場合に、レインズに登録するかどうかはB社の自由なのです。

そもそも他社に仲介をさせないで販売することが多いです。新築マンションなんかは、販売代理はあっても仲介なんてことはほとんどないですね。一部の例外を除いては。

となると、この場合のB社の物件はレインズにも登録されていないし、他社では仲介できないので、冒頭の営業トークを言う営業マンに任せていてもその情報すら紹介してもらえないのです。

では、中古住宅を買う場合は?というと、中古住宅でも不動産会社が売主の場合もあります。これは、先ほどの新築と同じように他社が仲介できないこともあります。もちろんレインズに登録されていないことも。

それどころか、実際には一般個人の方が売主であっても、レインズに登録されていないこともあるのです。

売却を依頼された不動産会社としては、売主と買主の双方から仲介手数料を戴くことが最大の目的となっていることが多いです。

そのため、売却を依頼された物件情報を業界内ですぐに公開してしまって他社に買主を見つけられると損だと考えることがよくあります。その結果、レインズに登録されない、もしくは登録を遅らせることがあるのです。

そうなりますと、希望の物件が売りに出ても情報が入手できなかったり、入手できたとしても遅くて他の人が先に買ってしまうなんてこともあるのです。

ですから、冒頭のようなトークがあっても、それを100%鵜呑みにすることなく、別の不動産会社にも声をかけておくか、普段からよく広告を見ておきましょう。

ちなみに、補足ですが、不動産会社が共有している情報とは、このレインズだけとは限りません。ほかにも、「アットホーム」という民間会社が運営している情報ネットワークもあります。


≪ 仲介の意味 不動産屋へ行く前にのTOP 完成から引渡しまで ≫


 



ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。