「住まいと保険」 団体信用生命保険はマイホームを守る!
住むネット

住まい全般

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

住まいと保険
団体信用生命保険はマイホームを守る!
生命保険って、難しい?
あなたの生命保険は何の保障がどれぐらい必要か?
水漏れなのに火災保険?

住まい全般
不動産屋へ行く前に
マイホーム購入の疑問、
一発回答!
住まい選びの対決シリーズ!あなたはどっち派?
住宅購入の諸費用っていくらかかるの?
住まいの税金
住まいと保険
内覧会の攻略法
セミナーのご案内
目指せ!収納上手
住むネットnews
マイホーム獲得の現場
新築マンション販売情報

マンションコンテンツ

一戸建てコンテンツ

住宅ローンコンテンツ

専門家のサポート

みんなの声(掲示板)

コラム執筆者募集中
団体信用生命保険はマイホームを守る!


(1) 団体信用生命保険はマイホームを守る!


こんにちは、ファイナンシャル・プランナーの荒井です。今回は、マイホームを買った直後の生命保険について書いてみます。

マイホームを買うときは、多くの方が、「自己資金+住宅ローン」という方法をとります。これは、もう方法も何も当たり前のようになってます。

この住宅ローンを利用すると、これまた当たり前のように「団体信用生命保険」に加入します。そう、当たり前のようにです。あまり意識してない方も多いのですが、ほぼ確実に加入されてます。

この「団体信用生命保険」って何だかわかりますか?

万一のときのことを考えてみてください。

住宅ローンを借りた人(=債務者)が亡くなったときに、残されたご家族には家が残ります。しかし、それと一緒に住宅ローンも残っていては返済負担が重くなり、一家の大黒柱を失った後のご家族には厳しい状況になってしまいますね。

そこで、この「団体信用生命保険」に加入しておくと、債務者が亡くなった時点の住宅ローンの残高を保険で支払うことができるのです。

つまり、万一のことがあっても、家が残り、且つ、住宅ローンは無くなるのですね。重要な保険であることがわかりますね。万一のときにもマイホームを手放すことなく、マイホームを守ってくれます。

逆に、金融機関側からみますと、この保険があるおかげで、融資しても安心していられるわけです。万一のことがあって、保険もなく返済されなくなると困るのは金融機関も同じですからね。

この「団体信用生命保険」、略して「だんしん」と呼ばれることが多いです。

さて、ここで考えてみてください。

家を買えば、新たに保険に加入するわけです。一般の生命保険のように、無くなったときに現金が支払われるわけではないですが、住宅ローンという大きな債務がなくなり、マイホーム(=不動産)という大きな財産が残るのです。

これは、住宅ローンの残高と同じだけの保険に入っているのと同じことだと考えられますね。

生命保険に加入するときは、必要保障額というものを考えますよね?無くなった後、どれだけの「お金」が必要か?だからどれだけの保険に入っていれば良いか?と考えて、適切な生命保険に入るわけです。

亡くなった後に必要な「お金」のなかには、当然ながら住居費も入るわけですが、住宅ローンが無くなれば、その分の保障がなくても良いわけです。もちろん、そのマイホームを売却することによって換金することもできますよね。

住宅ローンが無ければ、売却額の全てが現金収入になります。(諸費用は別ですが)そんなわけで、生命保険での保障額を下げることができるということです。

だから、マイホーム購入後は、もう一度、生命保険を見直す良い機会だと言えますね。この「団体信用生命保険(だんしん)」も含めて考えると、思ったよりも保険に入りすぎていることはないですか?


住まいと保険のTOP 生命保険って難しい? ≫


 



ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。