「内覧会の攻略法」 内覧会とは?
住むネット

住まい全般

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

内覧会の攻略法
内覧会とは?
内覧会の同行・立会い業者の選び方
内覧会の所要時間、調査道具
内覧会の正しい情報
内覧会でオートレーザー?
内覧会は最後の砦?
引渡し後に内覧会?
内覧会の動向と危険度

住まい全般
不動産屋へ行く前に
マイホーム購入の疑問、
一発回答!
住まい選びの対決シリーズ!あなたはどっち派?
住宅購入の諸費用っていくらかかるの?
住まいの税金
住まいと保険
内覧会の攻略法
セミナーのご案内
目指せ!収納上手
住むネットnews
マイホーム獲得の現場
新築マンション販売情報

マンションコンテンツ

一戸建てコンテンツ

住宅ローンコンテンツ

専門家のサポート

みんなの声(掲示板)

内覧会jp

コラム執筆者募集中
内覧会の攻略法 内覧会って、何?
 ■ 執筆者 ■

 yasunori arai
 荒井  康矩  プロフィール

 住宅コンサルティング会社「株式会社アネストブレーン
 トラスト
」代表取締役


(1) 内覧会とは?


まずは、内覧会とは?

内覧会とは、施主検査とも言います。完成した建物を買主(施主)が検査する機会のことです。本来は、一戸建ての場合もマンションの場合もあります。

しかし、一戸建ての場合、買主側から、「引渡し前に施主検査をさせて!」と言わなければ、そんな機会を設けない会社もあるので、要注意!それで、その会社の姿勢や意識のレベルがわかるってものですね。

では、そのマンション内覧会や一戸建て内覧会では、何を検査するのか?

それは、契約した図面通りに建てられているか?の確認であったり、仕上り具合に問題がないか?の確認であったりします。簡単に言うと、契約した通りに、しっかり作ってくれたの?という確認を行う場なわけです。

そこで、問題があれば補修を要求し、後日、その補修がきっちり行われているかを確認します。この2度目の機会を、再内覧会とか、確認会などと言います。言い方は、売主・販売会社などによって異なりますが、同じ意味ですよ。

この再内覧会(確認会)でも、「おい!直ってないやん」というときは、さらに確認する機会が設けられます。ときには、内覧会を3度も4度も行うこともあります。もちろん、1回で終えるのが理想ですが、通常、2回はあります。

内覧会が3度も4度もというのは、売主側がしっかり補修してくれていないときに起こります。こういうケースに遭遇した買主がかわいそうです。不幸すぎます。

しかし、買主側に問題のあるときもあるので、要注意!この内覧会は、基本的には買主が、「これでOK」と納得するまで行うべきものですが、一般的には、「もう大丈夫でしょう」と思われる場合でも、OKを出さない方もいます。

ここで、よく問題となるのが許容範囲。「この程度なら許容範囲ですよ」というのがあるわけです。でも、そんな許容範囲なんて、一般の方にはわかりにくいものですね。売主側が、「それは許容範囲ですから」なんて、言っても簡単には信じられないという方も多いようです。気持ちはわかります。売る側と買う側、立場が違いますからねぇ。

基本は、生活していく上で、支障があるかどうか?という点にあると考えましょう。少しでも支障があると感じれば、毅然と「補修してください」と要求してみよう!


内覧会の攻略法のTOPへ 内覧会の同行・立会い業者 ≫


※内覧会に特化したサイト「内覧会.jp」もご覧ください
※建築士による内覧会立会い(マンション)はこちら
※建築士による内覧会立会い(一戸建て)はこちら
 



ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。