「目指せ!収納上手」 賢い収納グッズ活用術
住むネット

住まい全般

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

目指せ!収納上手
収納グッズ選びのポイント
収納面で優れた家探し
収納とインテリア(2)
収納脳
収納で大切なこととは
建築業界は収納でもウソをつく
収納と動線とゆとり空間
収納で安全対策
モノを大切にするということ
収納と時間の関係
家の顔“玄関”の収納の前に
賢い収納グッズ活用術
収納とインテリア
ライフスタイルに合わせた収納法
ソフトのない家なんて
収納スペースの大きさの適正値
収納スペースは多いほど良い?

住まい全般
不動産屋へ行く前に
マイホーム購入の疑問、
一発回答!
住まい選びの対決シリーズ!あなたはどっち派?
住宅購入の諸費用っていくらかかるの?
住まいの税金
住まいと保険
内覧会の攻略法
セミナーのご案内
目指せ!収納上手
住むネットnews
マイホーム獲得の現場
新築マンション販売情報

マンションコンテンツ

一戸建てコンテンツ

住宅ローンコンテンツ

専門家のサポート

みんなの声(掲示板)

コラム執筆者募集中
目指せ!収納上手 賢い収納グッズ活用術

 ■ 執筆者 ■

 hiroshi shibatani
 芝谷 浩  プロフィール  (執筆者のサイトはこちら

 収納・模様替えアドバイザー   インテリアコーディネーター

 大手家具メーカー退社後、収納・模様替えアドバイザーとして独立


(6) 賢い収納グッズ活用術


暑かったり少し肌寒かったり気温の変化が激しいですが、いよいよ梅雨ですね。衣替えはもう済みましたか?

衣替えと言えば、ついでに「押入やクローゼットの片付けでもしようか・・・?」と思われる方も多いと思います。

新年度に突入し、モノが一気に家の中に入ってきてからやっと落ち着いた頃(というよりパンク状態?)だと思いますが、「出し入れがしにくい」「物が効率的に納まらない」からと言って、ホームセンターに収納グッズを買いに行く前に、ちょっと私の話を聞いて下さい。
 
まず、モノが増えたからといって、新たに収納グッズというモノを買っても、追い討ちをかけるようにモノばかりが増えるに過ぎません。なかなか気付かないことですが、モノには維持管理費までかかってきますから、それを繰り返せば金銭的にも生活空間のゆとりも圧迫されていきます。新しいモノが入ってくれば、逆に使わなくなるモノも増えるのが当然です。

まずは普段いらないモノといるモノを分け、いらないモノは捨てるか、売るか、人にあげるか、整理して奥のほうに片付けるなどの方法で処分しないといけません。そうすれば、また新たに収納グッズを買う必要はなくなります。実際、私がお客さんのところで片付けると、もともとあった収納グッズが余ることのほうが多いくらいです。

ですから、モノを減らして初めて収納グッズを考えるほうが得策です。先に収納グッズを買ってきてから片付けを始めるより面倒な気がするでしょうけど、分別をする前に収納グッズを買うと、こちらのほうが色々と損をします。

例えば、システムキッチンのシンク下を片付ける場合ですが、ここは排水管が通っていますから、普通は棚がありません。「ここに棚があったらなぁ。」と日頃思っていたある主婦が、ある日ホームセンターで目にしたのは「シンク下収納用伸縮棚」なるモノ。

ご存知の方が多いかと思いますが、排水管を避けて棚が作れる、高脚の台のような形のものです。その主婦は思わずそれに飛びつき、価格が1000円くらいということもあって即購入してしまうワケですが、これが皆さんよくハマる落とし穴です。実はこういったシンク下収納棚にはいろんなタイプがあり、奥行の浅いものや深いもの、棚が1段のモノや2段のモノなどがあります。

ほとんどのホームセンターで売っていますが、これら全てを扱っている店は皆無で、どれか1タイプしかないのがほとんどです。そんなこととは知らずに天にも昇るような気持ちで買って帰ったその主婦、帰って設置しようとしてから困る羽目になります。

例えば、排水管にばかり気を取られていたら、奥に浄水器の配管やビルトイン式(造り付け)食器洗い乾燥機の配管があって、設置できないことに気付きます。それらの配管を避けようとすると、棚の部分がなくなってしまって、枠だけが残ったりするワケです。

また例えば、そういった配管が無くてとりあえず設置できた場合でも、鍋や洗剤の高さが違うことによって、全てのモノがうまく収まらないこともあります。そのようなことになって、無理矢理押し込んだとしても、結果、何も収納グッズを使わなかった場合のほうが使いやすいことに気付いても、「せっかく買ったんだし・・・」ということで、使いにくいまま使い続けることがままあるわけです。

もちろん、今のは例えばの話ですが、本当に同じような話はいくらでもあります。クローゼットの片付けをするのに、押入用の奥行のあるプラスチック引出式衣裳ケースを買ってきたりとかね。

モノを取り出しやすくするには収納グッズを使うことは非常に有効な手段と言えますが、良いと思える収納グッズを見つけたら、必ずその収納グッズを置く場所の寸法を測り(高さのある家具の場合は天井に梁が出ていないかなども)、そこにどういったモノを収納するかも明確にしてから購入することが必要です。だから二度手間のように思えるかもしれませんが、一旦アタマとモノを整理する必要があるんです。

景気が悪いからと言って、何も自分が衝動買いで景気をよくする必要はありませんから、じっくり選んで賢く買い物しましょうね。
 
執筆者 芝谷浩(シーベックス・インテリア)のサイトはこちら


≪ 収納とインテリア 目指せ!収納上手のTOPへ 玄関の収納の前に ≫


 



ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。