「目指せ!収納上手」 収納と時間の関係
住むネット

住まい全般

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

目指せ!収納上手
収納グッズ選びのポイント
収納面で優れた家探し
収納とインテリア(2)
収納脳
収納で大切なこととは
建築業界は収納でもウソをつく
収納と動線とゆとり空間
収納で安全対策
モノを大切にするということ
収納と時間の関係
家の顔“玄関”の収納の前に
賢い収納グッズ活用術
収納とインテリア
ライフスタイルに合わせた収納法
ソフトのない家なんて
収納スペースの大きさの適正値
収納スペースは多いほど良い?

住まい全般
不動産屋へ行く前に
マイホーム購入の疑問、
一発回答!
住まい選びの対決シリーズ!あなたはどっち派?
住宅購入の諸費用っていくらかかるの?
住まいの税金
住まいと保険
内覧会の攻略法
セミナーのご案内
目指せ!収納上手
住むネットnews
マイホーム獲得の現場
新築マンション販売情報

マンションコンテンツ

一戸建てコンテンツ

住宅ローンコンテンツ

専門家のサポート

みんなの声(掲示板)

コラム執筆者募集中
目指せ!収納上手 収納と時間の関係

 ■ 執筆者 ■

 hiroshi shibatani
 芝谷 浩  プロフィール  (執筆者のサイトはこちら

 収納・模様替えアドバイザー   インテリアコーディネーター

 大手家具メーカー退社後、収納・模様替えアドバイザーとして独立


(8) 収納と時間の関係


家というものは、日々の生活の出発地であり、帰るべきところであり、つまり生活の中心です。安心を形にしたものとも言えるでしょう。また、場所を移すことはあっても、人生の3分の1以上を費やす、非常に重要な場所です。

とは言え、このご時世ですから、私だけでなく、ほとんどの人が時間に追われてその日その日を過ごしておられると思います。ですから、家ではとにかくゆっくりしたいですから、片付けなんていうのは一番後回しになりがちです。

キッチリ片付けたほうが、必要なものを探し回ったりする必要がなくなることは皆さん承知していますから、やらないといけないとは思うのですが、結局一番後回し、これは会社でも自宅でも同じことだと思います。

対して、収納アドバイザーである私の場合はどうかというと、全く休み無く朝から晩まで働いていたサラリーマン時代に比べて、現在のほうが片付けは後回しになっているような気がします。

その理由は、サラリーマン時代に比べ時間にゆとりはありますが、仕事の範囲が広がり、それとともに扱うモノの数が圧倒的に増えたというのもありますが、ある程度自分がしたいようにスケジュールを決めることが出来るので、その時間を作らなくなったことが大きな原因だと思います。

とはいえ、他にも原因はいろいろあって、日頃スゴイ状態のお客さんの家で片付けをして、なかなか自分のところまで片付けようという気になれないという原因もあります。料理人が家に帰っても料理をしない、というのにちょっと似ていますかね?

あと、枠組みがシッカリ出来ているから、片付けようと思えば、元に戻していくだけなので、ほとんど時間がかからないから、ちょっと散らかっただけでは片付けない、というのもあると思います。

私の例を見てもお分かりいただけるように、「時間が無いから片付けが出来ない」という言い訳はできないんですね。かといって、片付けの優先順位を一番に持ってくるとか、毎日ちょっとずつしましょうとか、そんな理想論をいう気は全くありません。そんなこと、私にも無理ですから。

では、何が言いたいかと申しますと、結論から申しますと、収納のコツは「時間を決める」ということなんです。

私がお客さんの家でアドバイスしながら片付けて帰り際、お客さんは本当に喜んでくれるんです。ひとつは、部屋がすごく使いやすくなって、見栄えも良くなったからですが、手助けがあったとはいえ、自分でできたからなんですね。

自分で言うのもなんですが、すごく分かりやすくアドバイスするので、すごく簡単に出来ると思えるんです。確かに、すごく簡単なんですが、片付けをする上で一番重要なのは、「片付けよう!」と思ってから、実際に片付けに着手するまでの時間なんです。

もっと言うと、「片付けよう!」と「片付かないといけないなぁ・・・」は、同じようで雲泥の差があるんです。要は、決断して、期日を決めて実行できるかどうか、これが重要なんです。

だから、前述のようにお客さんが「これなら私にも出来る!」と思っていても、片付ける能力は十分あるんですが、決断できないと、やっぱり片付けられないんです。

また、お客さんの家で片付けをするときは、6時間程度で1部屋を片付けるのを目安に集中して片付けが出来るんですが、独身者でもない限り、なかなかそんな十分な時間は取れないのが普通なので、目測を誤って、一気に片付けようと思っていまい、結局、前より散らかった状態で終わってしまうのです。

また、「片付けよう!」と決めてから、片付けるべき場所は決まっていても、何をどうしたものか、悩んで手が止まってしまう人が多いですね。ソファーに座ってボーっとしながらでも出来るので、どこに何をどういう風に片付けるのか、ちょっとした時間に考えておいてから、後日、片付けを始めるほうが良いでしょう。

片付けのコツは「時間を決める」、ということ。決断したら、どういう風に片付けるのか、いつ片付けを始めるのか、またどのくらいの範囲をどれくらいの時間で終えるのかをキッチリ決めてから、片付けを始めるのがコツなんです。

過去、先程言ったような失敗をされている方の場合は、引出し1杯、1〜2時間など、かなり範囲や時間を絞ってやってみるのが良いでしょうね。
 
執筆者 芝谷浩(シーベックス・インテリア)のサイトはこちら


≪ 玄関の収納の前に 目指せ!収納上手のTOPへ モノを大切にするということ ≫


 



ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。