「住まい選びの対決シリーズ」 賃貸って、もったいない? (3)
住むネット

住まい全般

 
ホームマンション一戸建て住宅ローン住まい全般専門家のサポートみんなの声(掲示板)

新築マンション 物件検索   中古マンション 物件検索   新築一戸建て 物件検索   中古一戸建て 物件検索

住まい選びの対決シリーズ
マンションのメリット(1)
マンションのメリット(2)
マンションのデメリット
一戸建てのメリット
一戸建てのデメリット
新築住宅と中古住宅のメリット・デメリット
購入と賃貸のメリット・デメリット
賃貸って、もったいない? (1)
賃貸って、もったいない? (2)
賃貸って、もったいない? (3)

住まい全般
不動産屋へ行く前に
マイホーム購入の疑問、
一発回答!
住まい選びの対決シリーズ!あなたはどっち派?
住宅購入の諸費用っていくらかかるの?
住まいの税金
住まいと保険
内覧会の攻略法
セミナーのご案内
目指せ!収納上手
住むネットnews
マイホーム獲得の現場
新築マンション販売情報

マンションコンテンツ

一戸建てコンテンツ

住宅ローンコンテンツ

専門家のサポート

みんなの声(掲示板)

コラム執筆者募集中
賃貸って、もったいない?

 ■ 執筆者 ■

 yasunori arai
 荒井  康矩  プロフィール

 住宅取得コンサルティング会社「株式会社アネストブレーン
 トラスト」代表取締役


(10) 賃貸って、もったいない? (3)


前回は、「賃貸 vs 購入 総負担額の比較シミュレーション」を行いました。それを少しおさらいします。細かな条件は前回のコラムを見ていただくとして、負担額の比較結果は以下の通りでした。

   購入の場合  69,614,840円
   賃貸の場合  85,540,000円(分譲マンション仕様)

そして、賃貸の場合にマンションの質を下げると仮定しますと、以下の通りに。

   賃貸の場合  71,380,000円(一般的な賃貸マンション仕様)

 ※35年後の結果ですが、購入の場合は、その時点で住宅ローンのない
  マンションという資産があります。

上記のように、どんなマンションに住むか?で結果が大きく変わることをお話しました。住居に求めるもの、住居への考え方次第では、買った方がいい人、借りた方がいい人と分かれるところですね。

でも、上記はあくまで35年間、買ったマンションに住み続けた場合のお話。では、途中で売ったらどうなるの?という疑問が湧いていきます。それをシミュレーションしてみましょう。

まず、前回のコラムと同条件で10年後に売却した場合のことを考えます。このときにいくらで売れるか?という部分が問題となるのですが、仮に新築時の35%ダウンとしますと、

 売却額     : 2,600万円
 住宅ローン残高 : 約2,484万円

さらに、売却にかかる諸費用を差し引くと、手元に残る資金は、約26万円です。ここで問題としているのは、売却までの負担額ですので、10年間支払い続けた住宅ローンや管理費・購入時の頭金・諸費用などを試算します。

いろいろとたいへんな試算をしたのですが、あまり細かなことをここに並べてもちんぷんかんぷんだと思いますので、計算の過程は省略します。とにかく、試算結果を掲載しますね。

   購入の場合  約2,631万円
   賃貸の場合  約2,446万円(分譲マンション仕様)
   賃貸の場合  約2,041万円(一般的な賃貸マンション仕様)

との結果が出ました。購入から10年後の売却であれば、このような結果が出ます。結構、大きな差ですね。賃貸の方が得であることがはっきりしています

さらに、同様に20年後に売却した場合の試算をしてみました。その結果は、

   購入の場合  約4,215万円
   賃貸の場合  約4,872万円(分譲マンション仕様)
   賃貸の場合  約4,064万円(一般的な賃貸マンション仕様)

この時点では、買った方が得だとの結果が出ています。

ここでは、細かな数字を見て、いくら得だ、損だ、ということよりも、購入して転勤などの事情で早く売るほど損するということをわかっていただければと思います。年数の経過と共に、賃貸との差がなくなっていき、ある時点で逆転する可能性があることをイメージできればと思います。

ただし、これはその条件により大きく結果を左右されます。たとえば、立地、維持・管理、リフォーム、売却時の市場などです。転勤などで住み替えする可能性が低い方は、購入も良いのではないでしょうか。


≪ 賃貸って、もったいない(2) 住まい選びの対決のTOPへ


 



ホーム サイトコンセプトサイト運営者お問い合わせリンクサイトマップ

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は住むネットに帰属します。無断でのコピー・転載は禁止致します。